2010年09月06日

マザー・テレサ(1875−1965)…インド(ユーゴスラビア生誕<現マケドニア共和国>)/カトリック修道女

<幸福のはかなさ>

●父の死:テレサの場合

テレサの父ニコラは、真摯なカトリック教徒であり、手広く建設請負業と食料品の輸入業を営む、成功した実業家だった。人望は厚く、市議会議員にも選ばたこともあり、町のブラス・バンドのメンバーでもあった。歌うことが好きで、政治について語り合う友達も多かったという。

家庭は裕福で、客足が絶えず、愛と幸せに満ちていた。テレサの母ドラナは夫が帰って来る時間になると、髪をとかし服を着替えて、注意深く夫を迎え、子どもたちはそれを楽しそうに眺めた。ドラナは悩み苦しんでいる人たちを訪ね、お金や食べ物を提供することも多かった。困っている人が訪ねてきたら、決して追いかえさず、家族の一員として迎え入れた。ニコラは妻がいつも貧しい人を助けられるように、お金を用意していた。

が、テレサが9歳のとき、父ニコラは45歳で急死した。

ニコラは情熱的なアルバニア愛国主義者で、民族運動に深く関わっていた。自宅から260キロ離れたベオグラードで大きな集会に参加するため、元気に家を出ていったが、帰宅したときには瀕死状態で、突然血を吐いた。近くの病院に運び入れたが、もはや手のうちようがなく、翌朝、こと切れた。医者も家族も、毒殺に違いないと考えた。確かなことはわからないが、対立した政治グループに飲まされた毒が死因、とする説もある。

一家のあったスコピエの町全体が喪に服し、地位のある人が亡くなったときの習慣で、各学校ではハンカチが配られたという。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

ニコラの死後、一家の資産は行動経営者に横領された。一家が所有していたはずの土地も、その権利を立証できる書類がまったく残されていないことがわかった。結局、家族には住む家しか残らなかった。

母ドラナはひどく落ち込み、抜け殻のように無気力になり、何ヶ月も長女に頼りきって、茫然自失の状態が続いた。家父長制の強いアルバニアでは妻が夫の言いなりになっている一家が多く、女性が活躍できる場も多くなかった。

が、もともと気丈なドラナは、いったん立ち直ると頼もしかった。刺繍と織物を始めると、テレサの兄ラザールが織物工場と話をつけ、仕事は繁盛していった。

といっても、一家はもはや裕福ではなかった。それでもドラナは、もっと貧しい人々を世話することをやめなかった。母親の姿勢から、女性が苦難に立たされても、そこから逃げないで努力すれば、状況は変えられるのだということ、恵まれない状況におかれても人を助けようとする姿勢を学んでいった。

父の死から、一家の信仰はより強くなり、母子揃って地元の聖心教会の行事や奉仕に熱を入れていった。教会に図書館が作られると、テレサはたちまち本のとりこになり、たくさんの書物を読みふけって、カトリックの考え方や知識を吸収する。

祈りの言葉には「天におられる私たちの父よ」とある。テレサは亡き父についてはほとんど語っていない。が、知らず知らず、神への祈りに、亡き父への思いを重ねていたのかもしれない。

-------------------------------------------------------------------

●もし父親が生きていたら

父の手腕を受け継ぎ、ビジネス界でみごとにのし上がってゆくテレサ。信仰心と財テクは矛盾しないはずだと考え、聖書の解説書、子ども向けの絵本版、朗読カセットテープなどを次々発売、どれも大当たり。
人好きのする性格のテレサには素敵なボーイフレンドもぞくぞくと出現。母とともにファッションブランドを立ち上げ「デートのときはこのコーディネート」「帰宅した夫を迎えるための部屋着」など、ライフスタイルを提案しながらアパレル業界でその名をとどろかせる。後年は父の建設会社、貿易会社のCEOに就任、父譲りの愛国心を社内方針にも反映させ、アルバニアグッズを世界100カ国以上に流通させる。大口の寄付で教会や学校も設立しつつ、アルバニアの大富豪一族の稼ぎ頭として世界にその名をとどろかせる。

Mother Teresa.jpg●プロフィール・参考文献


posted by 73 at 14:19| Comment(2) | TrackBack(1) | 父早死に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルベルト・シュヴァイツァー(1875−1965)…フランス(ドイツ生誕)哲学者、神学者、オルガン奏者、医師

<時を味方に>

●捕虜生活:シュバイツアーの場合

アルベルト・シュバイツアーといえば、アフリカの黒人たちの病苦を医療で救った人物として知られる。だが、彼が医学の道を志したのは30歳になってからのことだ。アフリカに出発したのは、38歳のとき、1913年のこと。

だが、翌14年、第一次世界大戦が勃発。シュバイツアーは妻とともにドイツ人捕虜として自宅に軟禁され、医療活動は禁じられてしまった。最初の拘禁は、パリに住む友人たちの嘆願などにより3ヶ月で解かれたが、ヨーロッパの金持ちからの援助は徐々に途絶え、器具や薬品を病院に揃えるための借金は膨らんでいった。

債務返済のあてがないまま、今度はシュバイツアー夫妻にフランスの捕虜収容所に入るようにと命令が下る。以降、夫妻はあちこちの収容所を転々とさせられる。

収容所の中は、様々な病気が流行していた。精神的に弱った人々は食欲を失い、栄養失調に陥っただけでなく、軽い病気にかかっても、たちまち重症になってしまった。シュバイツアーも赤痢にかかり、長い間苦しみ続ける。

サンーレミでは、ゴッホの入っていた精神病院が収容所となっていた。居心地はたいへん悪く、滞在中の気候も厳しかった。シュバイツアーはここでしばしば熱を出し、疲労に苦しんで、手術を必要とするほどに衰弱してしまった。戦争が終わる頃には、体調はひどく悪く、負債ばかりが山積みで、生活費さえどうすればいいのかままならないという状況に陥っていた。



-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

捕虜になったシュバイツアーは、著作に専念する時間ができたので、本を読み、思索にふけった。キリスト教を信じ、愛を説く白人たちの間で戦争が起きるのはなぜか、と考えるうち、神秘主義研究をまとめようとしていた予定を変更して、現代文化の退廃について考えるようになった。

最初の拘禁を解かれてから、シュバイツアーは知人の治療のため、カバの群れが連なる川を船で進んでいた。突然、彼の頭の中に、「生命への畏敬」という言葉がひらめいた。生命を怖れ、敬うことこそが善、生命を傷つけ、その成長を妨げることを悪、とする「生命への畏敬」という考えこそ、倫理の根本法則だと思い至った。そしてこれは、人間の人間に対する関係だけでなく、すべての生きものに適用されるものだと考えた。これこそ人類に理想とエネルギーを与え、社会的にも精神的にも矛盾なく平和をもたらす根本的な考え方だと確信し、「生命への畏敬」は、シュバイツアーのモットーになった。

また、収容所でシュバイツアーは学者、商人、芸術家、銀行家、建築技師など、様々な国のあらゆる職業の人間と知り合い、専門家たちの話を聞いて、実地に役立つ知識を学んだ。第一次大戦が終わると、戦争で潤うスウェーデンの大僧正から、倫理に関する連続講演を依頼され、シュバイツアーのために講演と演奏会を手配し、本の出版を勧めた。このときの講演や出版物がもとで多くの人々がシュバイツアーの仕事を知り、援助を申し出た。

こうしてシュバイツアーは生涯を捧げるアフリカの地へ再び向かうことができたのである。



-------------------------------------------------------------------

●もし捕虜にならなければ

経営、建築、穀物栽培などの知識もないままろくな賃金も払わずアフリカの住民たちをこき使って病院の修復や開墾に乗り出し、白人至上主義的な思想を露骨に表に出すシュバイツアー、黒人たちからひどく反感を買う。赤痢が蔓延すると、よそ者白人シュバイツアーのしわざだという根も葉もない噂を立てられる。なにもかも諦めがちになって、現代人の精神的退廃を憂い、人類は退廃していく、という悲観的な考えをまき散らす。若き日のシュバイツアーの有能ぶりを見込んで支援をしていた人たちも、彼の生き方をばかげたものに思い始め、一人また一人と疎遠になり、金銭面も精神面もいたたまれなくなると、帰郷。結局晩年は昔取った杵柄、名高い神学者及びオルガン奏者として、家族とともに安逸に暮らし生涯を終える。
Albert Schweitzer.jpg●プロフィール・参考文献
posted by 73 at 14:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 捕虜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。