2005年11月15日

レーニン(1870-1924)…ロシア/革命家

<何をなすべきか>

●兄弟早死に:レーニンの場合

おとなしい兄がこっそり人殺しを考えているのに気づいたら、どんな気がするだろう? そのことが長く頭から離れなくなるんじゃないだろうか。

6人のうち5人が革命家になったレーニン兄弟のうち、ペテルブルク大学理学部に在学していた長男アレクサンドルは別だった。成績優秀だった彼は、繊細な感受性をもち、内向的で、学究肌の(オタクの人をホメるときに使われがちな形容ばかりだ)青年だった。

レーニンが17歳のとき、21歳の彼は、ナロードニキ思想に傾倒していた。この思想は派閥も多く、考え方には色々あるが、基本的には「一挙に社会主義に進め!」というもの。

ナロードニキ思想家たちは、すでに皇帝アレクサンドル2世の暗殺に成功していたが、政治的自由を勝ち取るという目的はまったく果たせなかった。トップが消されたところで支える者の思想が変わらなければ、首の挿げ替わるだけなのである。要するに、ナロードニキ思想というのはあんまりうまくいってなかった。

が、レーニンの兄はすでに失敗したのと同じ方法を試みようとした。彼は1887年、皇帝アレクサンドル3世の暗殺計画に参加し、逮捕された。2世が殺されてから6年後である。

皇帝と同じ名をもつ責任感の強い兄は、裁判で同志の罪をすべて自分で引き受けようとし、結局死刑になる。これは、後に世界で初めての社会主義国家を設立するレーニンが、初めて帝政ロシアの国家権力を知る、またとない機会となった。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

品行方正でツルゲーネフに読みふけっていたレーニンは、性格の合わない長男とあまり打ち解けなかった。兄アレクサンドルは暗殺計画のことだけでなく、自分がマルクスの著書を読んでることも弟レーニンに黙っていた。

何でも話せる仲だったなら、兄の死をすぐ納得し、思考停止状態でひたすら兄に傾倒したかもしれない。が、レーニンは冷静に兄の死を考え続けた。

大学で学生運動に加わったレーニンは、逮捕され退学処分となる。謹慎期間中、亡き兄の愛読書であった『何をなすべきか』を熟読した。質素な生活をし、拷問にも耐えられるよう精神と肉体を鍛える青年を讃えたこの小説を、レーニンは「この本は私をすっかり深く掘り返した」と語った。

翌年大学に戻ったレーニンは、マルクス主義的サークルに参加し、革命家の道を志す。やがて兄の失敗を糧に、『人民の友とは何か』などの論文でナロードニキ思想の批判を始める(後にナロードニキは1890年代のマルクス主義者が「古い!」と拒絶した過去の革命思想全体を指すようになる)。

1902年、レーニンは自らの革命思想を『何をなすべきか』と題して発表する。労働者階級が歴史的使命を果たすためには、自己認識、自己反省、理論が大事であり、社会の全人民への抑圧を自分の問題として闘う必要があることを主張した本である。手段として不適当な暗殺を試み、人生にも革命にも失敗した亡き兄が読んでいたらどんなによかったろう、というような内容だ。

-------------------------------------------------------------------

●もし兄が生きていたら

ツルゲーネフに傾倒したレーニン、尊敬する小説家と無口な兄が通ったペテルブルグ大学に入学し、観念論哲学を身につける。小説『余計者の友とは何か』により、何に対しても批判的で冷笑的な態度をとる口先だけの理想主義者には友達が少ないことを描いて頭角を表し、農民による革命への迷いを表現した短編集『貧農に、訴える?』『猟人日記をなすべきか?』で文壇的地位を確立。これらの作品が政府に目をつけられ地下に潜伏すると、観念の世代と資本主義を批判、行動の世代と共産主義がロシアの改革には必要であることを小説『父と子と国家と革命』や自伝的作品『初恋の最高の段階としてのその前夜』により示し、日和見主義者を戸惑わせる。
lenin.jpg


posted by 73 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(2) | 兄弟早死に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。今、故あってレーニンの生涯を概括する文章を書き終えようとしているところです。その締めとして、チャーチルの言葉を調べている所でこのサイトに出会いました。

『猟人日記をなすべきか?』に爆笑しました。

小生としては、世界チェス大会で優勝する、文学に通暁したシニカルなレーニンというのを妄想してしまいます。

あと、『唯経』は今読み返すと、複雑ですねえ。評価したものやら罵倒したものやら。

Posted by TAMO2 at 2009年12月13日 21:30
学生時代、小説を書いていたレーニンが、なぜ革命家になったのか?
もっとも六人兄弟のうち五人が革命家になっていることを考えれば、当時は巷に革命家があふれていたのだろう。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2014年11月07日 03:41
東欧の自由化、ソ連の自由化でレーニン像が破壊されるさまを何度か見てきたが、実像と虚像のギャップが痛々しく、人間社会の愚かさを象徴しているようで、複雑な心境でしたね。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年01月08日 01:18
マルクス・レーニンの思想は正しいですよ。
ただ、運用方法が未熟で間違っただけです。

デンマーク、ノルウェー、フィンランドの北欧諸国では見事に社会主義が成功してます。

昔のソビエト連邦、東欧諸国の一党独裁では駄目なのです。中国の共産党もマルクス・レーニン主義を誤読してますね。旧い日本共産党もです。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年02月20日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レーニンの名言
Excerpt: 「一歩後退、二歩前進」     ウラジーミル・レーニン ロシア革命の父、政治家レーニンが1921年の"NEP"(新経済政策)のスローガンとして用いられた..
Weblog: あなたに響く名言集
Tracked: 2006-11-19 23:29


Excerpt: ナロードニキナロードニキ (народники)はロシア語で、「人民主義者」と翻訳できる言葉。アレクサンドル・ゲルツェンが、ロシアの農村共同体である〈ミール〉が母体となり、西洋とは異なって資本主義を経..
Weblog: 小説耽読倶楽部
Tracked: 2008-02-13 13:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。