2005年11月29日

石川啄木(1886‐1912)…日本/歌人、詩人、評論家

<天才庶民>

●中退:啄木の場合

盛岡中学にいた頃の啄木は「青春まっただなか」という言葉がピッタリな情熱野郎で、決して泣きながらカニ遊びをするような人間ではなかった。

文学熱に浮かれる彼は、学校の勉強そっちのけで『太陽』や『明星』を読みふけり、岩手日報に歌、書評、評論を載せつつ、文通から始まった節子(後の妻)との恋愛や、教師へのストライキに奔走した。当然ながら学校の成績は、ひたすら下降線を描く。試験をカンニングで何度か切り抜けるが、ついに発覚し、5年生で退学を勧告されたようだ。

家族や友人には退学の理由を「学校が面白くないから」と語った。が、実際には放校同然で、学校にいても落第することは目に見えていた。5年1学期の成績は、8科目中4科目が成績不成立、それ以外も赤点スレスレとお粗末なもの。同級生たちは啄木を脱落者と見なし、「石川のようになるな」とささやきあっていた。

しかし、地方紙に度々文章を掲載したことが啄木の確固たる自信となった。「退学という試練は、文学の世界でいち早く自分を英雄に君臨しようとする神の配慮に違いない」と考えた彼、東京へ行けば何とかなると思い込む。

タイミングよく、2、3年ほど「投稿しては没」を繰り返していた『明星』に、初めて啄木の歌が掲載される。これに目をつけた与謝野鉄幹は、彼を東京へ呼び寄せた。

こうして17歳の啄木は悠然と退学願いを提出し、上京する。ちなみにこの頃、啄木の作品は、奇をてらったものや模倣がほとんど。勢いだけが取り得のトホホな若者だったのだ。

-------------------------------------------------------------------

● 人生のポイント

上京した啄木は、翻訳で金を調達しようと図書館通いをして英語を学んだ。が、訳本を出版社に持ち込めば「大学を出てから来い」でお流れ。移住を繰り返しては職をクビになり、書いた小説は5篇ともものにならず、ぱっとしないことばかり。

それでも啄木は、自分を特別な天才だと信じ続けた。たいした実績もないまま上流を気取って、人力車を乗り回し、バイオリンを弾き、賛美歌を歌い、歌会を開く。金もないのに借金を重ねまくってのこの態度は、当然軽蔑を集めた。この頃「働いても暮らしが楽にならない」なんてじっと手を見てたら「使わなきゃいいのに」と一笑されて終わったろう。

が、中学中退の経歴は、啄木にいつまでも上流の生活を許さなかった。結局、彼は新聞の校正係にしかなれなかったのだ。

夫との生活に耐え切れなくなった妻節子は、啄木が24歳の時、ついに家出する。ここで啄木は現実に目覚め、自らの天才を見限り、生活を人生の最重要事項と考えるようになった。

そして、無用のものだと突っぱねていた短歌に、一庶民としての悲哀を気取らず著し始める。こうして彼は『一握の砂』『悲しき玩具』を生み、本当の天才になった。

が、『一握の砂』初版は売り切れぬまま、明治最後の年に27歳で啄木は死んだ。この後、庶民層に大正センチメンタリズムが流行し、「庶民の心を歌った歌人」として注目を浴びる。彼が本当に庶民の心を持ったのは晩年の3年足らずだから、ずいぶん効率的である。

-------------------------------------------------------------------

●もし中退していなければ

大学に進学し教授へのストライキ騒動を起こすが、卒業後は翻訳で金を稼げることに味を占め、徐々に創作はそっちのけに。それでも中学時代に傾倒したロマンティシズムが棄てられず、分不相応な王朝風の暮らしをしては、金を借りまくり踏み倒し続け、あちこちに愛人を作りまくった挙句、妻節子とは離縁する。が、結核にかかるといきなり弱気になって復縁を迫る。ついに体が動かなくなると、古今東西の可憐な臨終場面を研究し、華麗な辞世の句を模倣する。最期は自分の墓の形がロマンティックに見えるかどうかを気にしながら、バイオリンの演奏をバックに色とりどりの花に埋もれて少女漫画チックに息を引き取り、「妙な人が死んだね」と噂される。
ishikawa.jpg


posted by 73 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 中退 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
啄木は半端者だったのだろう。
文学をやるしか道はなかったろう。
北海道で新聞記者になったが、記者としては
三流どころか、四流だった。借金しては郭通いという、不良新聞記者だった。

短歌がもてはやされているが、たいした歌ではない通俗的な短歌だ。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年01月30日 23:28
啄木は狂気の歌人。
政治家になったらヒットラーのようなタイプになったろう。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年09月06日 12:46
啄木の真骨頂は政治的思想だろう。
短歌は有名だが、啄木は「短歌など煙草を一服すうようなものだ」と本分ではないと思っていた。短歌は「明星」の常連であるだけで、啄木本人も身を入れていたわけではなかった。

小説を書いて、森鷗外や夏目漱石のようになりたいと考えていたのだ。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2018年12月24日 03:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。