2005年12月06日

トーマス・マン(1875‐1955)…ドイツ/作家

<弱点を認める>

●亡命:マンの場合

「ワーグナーの芸術は非常に魅力的なものだが、そこには異常性や弱点もあり、批判されるべき点がある。今日的に(つまり、ナチスのように)彼の芸術を民族主義と意味づけて賞揚することは許されない」

『トニオ・クレエゲル』『魔の山』などで知られるノーベル賞作家マンがこんなふうに述べたのは、ワーグナー没後50年を記念して行った講演(『リヒャルト・ヴァーグナーの苦悩と偉大』)の中である。

翌日、マンはオランダへ単なる講演旅行のつもりで旅立ち、その後2度と祖国の地を踏むことはなかった。ドイツのメディアが「マンはヒトラーの愛するワーグナーをけなした」とみなし、抗議文を掲載するなどして大バッシングを始めたのだ。当時のドイツはナチスに脅かされ、こんなアホなことになってて、マンが帰郷するには危険すぎたのである。

同年、ナチスは公の場で彼の著作を燃やした。同時に焚書されたのはアインシュタイン、カフカ、ヘレン・ケラー、フロイトなどの書。今からするとここで焼かれるほうが名誉のような。

だが、マンの追放処分は見送られていた。ドイツをテーマに度々取り上げる世界的に有名なノーベル賞作家は、国家の宣伝になると見なされたのである。

マンのほうもドイツを離れたまま、ナチス批判を明言せず、あいまいな立場をとっていた。彼は「自分の著作が禁書扱いにならずにドイツ国内で読まれれば、ファシズムへの反発が国民に広がってゆくはず」と考えていたのだ。その後がなきゃ、傍目には単なる無難路線にしか見えないけど。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

1936年、マンはヒトラー政権への反対を宣言した。ナチスに敵対する亡命作家だと見なされていない自分に気づき、態度を改めたのだ。これを受けてナチス側は、マンの財産を没収し、市民権及び国籍を剥奪した。

が、亡命後もマンはドイツ文化を愛し、ドイツ国民を見棄てなかった。

第二次大戦中、彼は英BBC放送を通じ、ドイツ国民にナチスへの不服従を訴え続けた。敗戦直後もドイツへ向けてファシズムからの解放を祝い、マンの「自国」であるドイツの国民は「ナチス呪縛からの断固たる決別をはっきり示すべきだ」と語りかけた。

さらに、大戦中を含む7年を費やしてマンは『ファウスト博士』を書きあげた。この書により、非理性的・盲目的な情熱から悪魔に魂を売り渡していったドイツの運命を描き出したのである。

この作品は「ドイツによる自己批判」として、マンの政治姿勢とともに世界的評価を得た。祖国を愛し、その芸術を誇り、自分がドイツ文学者だと一瞬たりとも忘れなかった彼は、ドイツ精神の欠点に最後まで向き合ったのである。

ドイツはマンのメッセージを汲み取った。強制収容所などの忌まわしい過去の残骸をはっきり展示して直視し、自国の過去の過ちを認めながらそれらを反省し続けるという姿勢は今も貫かれている。「愛国」を盾に、過去に犯した過ちから目をそらすより、まずはマンから本当に正しい「国を愛する」姿勢を学んでみてもいいだろう。

-------------------------------------------------------------------

●もし亡命していなければ

対戦中はとにかく妥当な路線を探って、なんとかナチスからの追放を免れる。が、戦後はワーグナーを讃えた愛国的作家として世界中から白眼視され、ナチスに加担したことで同じく白眼視を集めるハイデガーと仲良くなって人生相談。『ファウスト博士』により奇跡的挽回を果たしドイツ以外の各国から讃えられるが、「自分ばっかり安全なところにいたくせに偉そうなことをいう調子のいい奴」と、ドイツ国民から猛反発を浴び、裏切り者の烙印を押される。やがてアメリカで赤狩りが始まり、意見を求められると、過去の無難路線を反省してマッカーシーを批判するが、一部の人々から「今さらわかったようなこと言いやがって」と屁理屈的な批判を浴びる。
mann.jpg


posted by 73 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 亡命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナチはトーマス・マン、ヘレンケラー、アインシュタイン、カフカの書を焚書した。ゲルマン民族を侮辱する書物としたのだ。バカバカしいことが兵器でやられていた二十世紀だった。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男む at 2015年11月27日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

想像し乍ら反芻する響き
Excerpt: 水曜日からトーマス・マン作「ファウストュス博士」のラジオドラマが始まった。ヘッセンとバイエルンの其々文化放送波とフランクフルトのアンサンブル・モデルンのアカデミーの共同制作である。 十回続きで、原典..
Weblog: Wein, Weib und Gesang
Tracked: 2007-10-06 06:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。