2010年07月10日

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(1817−62)…アメリカ/作家、思想家

<まずはひとりで>

●生涯独身:ソローの場合

ヘンリー・D・ソローが22歳の時に恋したのは、エレン・シューアルという牧師の娘だ。当時のエレンはソロー家を訪れ、田園の散歩、ボートでの遠出、本の朗読と議論などを通じ、ソロー兄弟と長い時間を過ごした。兄のジョンもエレンを愛しており、ジョンがプロポーズに失敗した後、ヘンリーも手紙で求婚するが、断られてしまった。エレンの父親は、ソロー兄弟を理想主義的で進歩的過ぎると考えていたので、それが父親っ子のエレンの決断に影響したのかもしれない。
この頃、ソローは「思いもかけず 囚われた」「愛し方がもっと弱かったなら 愛せたかもしれない」といった言葉のある「共感(シンパシー)」という詩を書いた。表向きにはエレンの弟に捧げられたものだとされるこの詩は、実のところ、エレンへの愛を表現したものだといわれる。
「共感」の詩から12年後、ソローは日誌に「自分はひょっとして、ある感覚が欠落しているのかもしれない」「若い女性と半時間話しても、彼女が整った顔立ちをしているというだけの理由で、喜びに出会うということはない。若い女性たちとの社交(ソサイエティ)は、私がこれまで試みた最も詮無いことであった」などと記した。30歳の時ソローは、45歳のソフィア・フォードという女性からの求婚を断っている。年齢差は気になるところだが、もてない男、というのではなかったようだ。
死の床でソローは、エレンのことを「ずっと愛していた」と語った。エレンはソローの死後まもなく、牧師と結婚し幸せに暮らしたが、ソローの早く亡くなった兄も姉も妹も、生涯独身を貫いている。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

40歳になってから「自然は僕の花嫁」「僕はヒイラギガシと恋に落ちた」などと書き綴っていたソローは、自分の最大の技能を「ほとんど欲しないということ」だとしている。『森の生活』に「貞潔は人間の開花だ。そして天才、英雄的行為、聖性などといわれるものは、すべてその後に続くさまざまな果実に過ぎない」とあるように、ソローは性的な放逸をだらしなく不潔で人を不浄にするもの、節制は活力をもたらし人を鼓舞するものと考えていた。
そして、豊かに生きる最も確かな道は、必要なものを少なくすることだと、ソローは早くから意識していた。「人は、かまわないでおける物事の数に応じて豊かなのである」「一人の人間による以外には何も生み出すことはできない。助けを望むものはすべてを望む」「まず一人でしなければならない。そうすれば成功を私たちは共に喜ぶことができるだろう」と記す彼が、配偶者や子どもにふりまわされることのない生活を選んだのは、自然なことだった。
実際、ソローが『森の生活』の着想を得た森の中での2年間の生活も、人頭税の納付を拒否して逮捕・投獄されたのも、たった一人でのことだった。「社会の再形成〔改革〕(リフォーム)という問題では、私たちは団体をほとんど信じていない。この社会)は最初その上に形成されたのではなかった」と述べたが、ソローは誰かの協力を頼る前に、ひとりひとりが力を発揮することの大切さを固く信じていたのである。

-------------------------------------------------------------------


●もし結婚していたら

隠遁生活中のウォールデン湖畔にソローの後の妻がお弁当を持参したびたび参上、ケープ・コッド岬で繰り返される頻繁なアウトドアデート。恋が、愛が、女性がいかに素晴らしいかに感銘を受けて著されたのが『ウォールデン・森のピクニック』。おいしいサンドイッチのつくりかたから、自然の中で男女が交わる方法、木の実の選び方やレシピなど、使える情報が体験に裏打ちされて事細かに記され、実用書として広く読まれる。
また、人頭税を払わず投獄されたソローに対する妻の対応は『相手を気持ちよくさせる刑務所での面会の仕方』『投獄された家族を励ます手紙の書き方』といったハウツー本にまとめられ、ガンディー、キング牧師の家族も啓蒙、日本でも極道の妻のバイブルに。

Henry David Thoreau.JPG


posted by 73 at 17:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 生涯独身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は続けて2編の偉人道ありがとうございます。
2005年以来の雌伏の5年を経て、完全復活でしょうか。

ソローは森の生活のタイトルと、ナチュラリストの嚆矢としてしか知らず、このような悲恋があったとは。ジッドの「狭き門」の主人公、ジェロームを思い出します。 生涯独身のソローに興味をもち、著書を読んでみようと思います。

思春期の息子達にも、この偉人道のことを教えており、読むように進めています。伝記と資料を読みこなして、要点をまとめ、もしもでユーモラスに纏める。 ほんと為になって面白い。

プログだけにしておくのは勿体無いから、いずれ本にするとか、英語に翻訳して世界に発信してはどうでしょう。 それほど、面白くて為になります。 

資料を読みこなすだけでも大変でしょう。 参考にした文献を以前のように付けてくれると、後で自分でも読めるのでありがたいです。

Posted by 一ファンより at 2010年07月17日 00:07
もったいないお言葉、ありがとうございます。
完全復活、のつもりにしたいところですが、暑さにやられておりました。
偉人の皆さんを見てると、暑さなんて理由にもならない気がしますが……

参考文献、私自身、役に立つので入れようと思っていたんでした。ご指摘ありがとうございます。

ぼちぼちできるところからやってみますね。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 73 at 2010年09月06日 14:44
生涯独身の男は、いい仕事もしてますね。
欧米では、結婚すると妻と付き合う時間がとられて、仕事に没頭することが難しいようですね。

Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年04月12日 03:12
独身だから、果たしていい仕事ができたのか?。
結婚していたら、さらに良い仕事ができたかもしれないではないか?

そんなことも考えました・・・。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年06月12日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。