2005年07月19日

野口英世(1876-1928)…日本/医学者、細菌学者

<他人の金で拓けたテンボウ>

●借金:英世の場合

英世が借金を重ねるようになったのは、医学を志して上京後のことである。彼の才能を認めた歯科医・血脇守之助が、月15円(当時の中学教師の月給並)の学資を援助するが、英世は学業のみならず酒と女遊びに精を出し、毎回あっという間にスッカラピンになってしまう。

順天堂病院助手として給料を得るようになっても、英世は郷里の友人に無心を重ねた。清国の国際防疫班に加わったときには、出発前に飲んで騒いで支度金の96円を使い果たし、泣きつかれた血脇が新婚の妻の着物を質に入れ、5円を工面した。清国では英世に相当な収入があったはずだが、毎夜歓楽街で遊んだうえ、友人にも金を騙し取られ、結局無一文で帰国する。

その後、野口は研究のためアメリカへ発つ。このとき帰国したら娘と結婚するという約束で婚約者の家族から結納金として300円、渡米の費用に恩師から200円を受け取る。

が、送別の宴をあまりに派手に行ったため、船の切符も買わぬまま残金は30円に。再び泣きつかれた血脇、高利貸しから300円を借りて英世に渡す。その後も英世は、フィアンセの家族から搾り取るだけの金を搾り取り、結局この婚約は破談に。

渡米後も金銭感覚はルーズなままで、たびたび友人たちから借金をした。このため、研究者仲間たちは「野口に金を貸すな」とささやきあった。帝国学士院から恩賜賞を授与されることになったときは、友人から7000円(5000円とも)を帰国費用として送金してもらっている。何様のつもりだろう。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

成人するまで、英世には「他人のお金を使うことで自分の願いが実現される」ことが度々だった。

尋常小学校でさえ就学率が50%ほどだった当時、貧農の家に生まれた彼が進級できたのは、彼の猛烈な勉強による優秀な成績に加え、高等小学校の教師である小林栄から援助の申し出があったためである。

英世が手を手術できたのも、周囲からの金銭的援助のおかげだ。彼は学校の作文で「この手がある限り、どれほど努力しても、自分は一人前になれないのではないか。いっそ小刀で5本の指を切り裂こうとまで思う」と、コンプレックスを赤裸々に綴った。これを受け、英世に同情した人たちの間で募金が始まり、集まったお金で手術が施された。こうして、丸くくっついていた英世の右手は、10数年ぶりに5本の指となった。

後年、英世は知人に向けて語った。「僕にとって研究は投機一転、または賭けの一種だ。一生懸命やっても結果は当たるか外れるかわからない。東京帝大の緒方正樹は能力と学識では上だが、弟子の北里(柴三郎)のほうが賭けに当たったから世界的に名を成した。もしこんな血の滲むような労苦をして、それでも当たらないなら、鉄道自殺でもやるかもしれないな」

研究が「当た」って世界的に名を成すことができれば、あとはなんだってかまわなかったのだろう。不眠不休で働き続け「人間発電機」と呼ばれた彼の名誉欲は尋常でなかったが、金は彼にとって道具以上のものではなかったのだのだ。

-------------------------------------------------------------------

●もし倹約家だったら

手への同情から人々が恵んでくれるお金をすべて貯金し、英世は一家の稼ぎ頭となる。放浪の旅に発ち、手を聴衆に晒してはお涙頂戴の火傷話を披露してまわる。成人後は足代つきの講演先で芸者と酒の接待を受けるようになり、金も使わず人生ウハウハ状態。語学を得意とした英世はついに渡米。火傷の話に加えて「金を使わず酒池肉林の旅行三昧を実現する法」を定番ネタに遊説し、全米で注目を集める。調子づいた英世は、講演中に10回お辞儀をするテンボー(ten bow)ギャグを編み出すが、これがまったくウケずに大ブーイングの嵐。その後は鳴かず飛ばずで、すでに築いた莫大な貯金をちょっとずつ使いながら質素に暮らす。
noguchi.jpg
「周りの人間も周りの状況も自分が作り出した影だと知るべきである」
-------------------------------------------------------------------

■ プロフィール

幼少時の名は清作、後に英世と改名。1歳の時に英世が囲炉裏に落ちて手を火傷する。この事故を自分のせいだと思い込んだ彼の母は、周囲から度々「そんな身分不相応なことをさせる余裕があるなら家の借金を返せ」と迫られつつも、彼女は息子が進学を希望していることを教師に伝え、学費の援助を引き出し、進学が決定した。その後の英世の浪費ぶりは上の通りだが、帝国学士院の恩賜賞で受け取った賞金1000円は、彼にしては珍しいことに世話になった人への御礼に使われた。毒蛇及び梅毒の研究で見事に頭角を現した英世、しばしば業績としてうたわれる黄熱病の病原菌発見については、彼の生前すでに誤りだったことが明らかにされている。

-------------------------------------------------------------------

■ 参考文献

中山茂『野口英世』朝日選書(朝日新聞社、2005)
爆笑問題『日本史が人物12人でわかる本』(幻冬舎、2004)
「コインの散歩道」
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/index.html


posted by 73 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。