2005年08月19日

ジャンヌ・ダルク(1411か12‐31)…フランス/バロア王家を支援した少女

<利用価値の高い女>

●死刑:ジャンヌの場合

ジャンヌは「神の声」に忠実に従った女性である。

イングランド軍に包囲され、自暴自棄になっていたフランスの王子シャルル7世。ジャンヌは神のお告げどおりに、彼の復権をかけて戦う。オルレアンの兵士を率いて、包囲したイギリス軍を撃破し、狙い通りにシャルル7世は戴冠する。

が、落馬がもとでブルゴーニュ軍の捕虜になった彼女は、イングランド王家に売られてしまう。オルレアン側が身代金を支払えば彼女は釈放されていたはずだが、何の助けも得られないまま幽閉の身に。

その後、ジャンヌは戦争裁判でなく宗教裁判にかけられる。ジャンヌに対して行われたのは、無実の人間をあらゆる詭弁で有罪とし処刑する、典型的な魔女裁判だ。彼女を悪魔の手下だということにすれば負けたイギリス側も面目が立つのである。

起訴状の内容は、でたらめながらもメルヘンチックで「彼女は、樫の森で遊んだり妖精の木のまわりで踊ったりしていたことでわかるように、子供のときから魔法使いだった。彼女はたえず悪魔と通じているが、それを天使や聖女たちであるといいたてている。いつも身に着けている指輪や軍旗には、魔法がしかけられている」等々、全70条に及ぶ。

とはいえ、「王冠を持った天使が空から降りてきた」などと法廷証言するジャンヌを理解するのも難しい。今の日本だと刑法第39条で無罪になるとこだろうけど、神に背く異端女とされたジャンヌ、有罪→火刑となる。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

火刑の際には、ジャンヌの身につけている衣服が火刑台の上で燃え尽きたのを見計らうと、死刑執行人はいったん火を遠ざけ、彼女の全裸を人々の前に晒し、本人であることに疑いの余地が残らないようにした。燃え盛る炎の中で「イエス様!」と叫んで息絶えたジャンヌの体からは1羽の白い鳩が飛び立ち、それを見たイギリス人は「われわれは聖女を焼き殺してしまった」と恐れおののいた、らしい。

また、純潔を証明するため処女検査が行われたり、兵士に陵辱されかかったりと、幽閉時にも彼女はずいぶんセクハラな目にあっている。いちいちビジュアル的にできすぎたサディスティックな逸話だらけだが、実際、彼女を題材にした演劇や映画は非常に多い。それらのほとんどは真実をよりわかりにくくしているが、ジャンヌの高感度・知名度を上げてもいる。

実際のところ、16世紀以降のジャンヌは歴史の中に埋没しており、王室では彼女の名が中傷とともに語られていた。ところが1803年、ジャンヌ記念像を再建しようとするオルレアン市の企画に、当時の国家主席ナポレオンが「フランスの独立が脅かされる時には、優れた英雄が出て必ず奇跡をもたらしてくれることを、ジャンヌ・ダルクは証明している」という推薦の辞を記した。これによりジャンヌの歴史における評価が決定付けられ、自分を彼女になぞらえたナポレオンの評価まで高まった。

つまるところ、ジャンヌは死んだ後まで、ものすごく利用価値の高い女だったのである。

-------------------------------------------------------------------

●もし無罪になっていたら

聖女ジャンヌが解放されると、雨後のタケノコのようにヨーロッパのあちらこちらから「私は神の声を聞いた」「天使を見た」という奴があちらこちらから現れる。そのうち権力者にとって使えそうな人材は生かされ、戦争などの道具として利用される。生かしといてもあんまり何の得にもならなそうな者たちは、魔女裁判にかけられ、火あぶりなどによる大量虐殺で一斉清掃。こっそりフランスに戻されたジャンヌのほうは、複雑な想いを抱えつつもひっそり暮らし、生まれた息子ノストラダムスをいつか王家シャルルの役に立つ人間に育てようと、医学を学ばせる。

ただし、これは仮に、ジャンヌがはじめから無罪判決を得たとして。1920年ローマ教皇庁はジャンヌを聖女に列し、1956年には判決の無効とジャンヌの復権を認めているので、「もし」なんて話でなく、すでに彼女の無罪は確定されているといえる。
janne.jpg

「行動することです。そうすれば、神も行動されます」
-------------------------------------------------------------------

■プロフィール

「オルレアンの乙女」と呼ばれるフランスの愛国的少女。百年戦争の終盤、圧倒的に優勢なイギリス軍の侵攻を前にして、正統のフランス王シャルル7世は南フランスに退き、自暴自棄の生活を送っていた。ここに少女ジャンヌが出現し、神の言葉を伝えてシャルルを励ました。ジャンヌは兵士たちをも勇気づけ、オルレアンを包囲したイギリス軍を撃破。これを恨んだイギリス王家がジャンヌを捕らえて不当な裁判にかけ、火刑に処された。というのが一般的見解だが、ジャンヌは実はお受けの血筋を引いた娘でシャルルとは既知の間柄だったとか、向こう見ずで無知な極めて平凡な一人の田舎娘でしかなかったとか、彼女への評価も異説もさまざま。

-------------------------------------------------------------------

■参考文献

高山一彦『ジャンヌ・ダルクの神話』講談社現代新書(講談社、1982)
清水正晴『ジャンヌ・ダルクとその時代』(現代書館、1994)
アンドレ・ボシュア/新倉俊一訳『ジャンヌ・ダルク』文庫クセジュ(白水社、1969)


posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 死刑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。