2005年09月16日

オノレ・ド・バルザック(1799-1850)…フランス/小説家

<『喜劇人間』>

●破産:バルザックの場合

フランス最大の文豪バルザックは、30歳を迎えるまでに3度の破産を体験した。

26歳で彼が出版業を手がけたのは、「金さえ貯まれば好きなときに好きなことが書ける」と思ってのことだった。それまでにバルザックが匿名で書き記したものは、仲間と合作した通俗長編小説や実用書の類がほとんどで、文学的な価値のある代物ではなかった。持ち金のなかった彼は当時の愛人、ベルニー夫人から資金提供を受けて、ラ・フォンティーヌ、モリエールの全集を発行した。

が、思うように買い手がつかない。翌年には出版業を諦め、性懲りもなく印刷業を営み始める。この時点で負債はすでに7万2千フランに達していた。

次の年の9月。印刷事業はいつまで経っても軌道に乗らなかった。バルザックは、「印刷に加えて活字の鋳造を行えば、事態が一挙に打開するだけでなく、多大な収益があげられるはず」と考え、活字製作所を立ち上げた。

しかし、新事業はうまくいかなかったばかりか、すでに火の車となっていた印刷業のほうまで壊滅的な打撃をもたらした。半年後には印刷所、さらにその2ヵ月後には活字製作所も手放さねばならなかった。

こうして1828年、29歳のバルザックは、10万フランの債務者となっていた。

とはいえバルザックは多忙な中、着実な収益を上げられる執筆業のほうも一応続けていた。ただし、この頃の彼がどんなにいいかげんなものを書き綴っていたかという事実は、28歳の時に発行された『借金を支払い債権者を満足させる法』のタイトルからも推察できよう。

------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

20歳の頃、バルザックは年額1500フランの切り詰めた生活をしていた。その当時よりはるかに自分が貧しくなってしまったという現実を切り抜けるため、彼は創作活動に精力的に取り組んだ。

結論から言うと、その後もバルザックの負債は増え続けた。個人雑誌や新聞を発行しては失敗を繰り返し、購入した株は急落。議会やアカデミー会員に立候補すれば大敗。土地を買い家を建てれば崩れ、あるいは差し押さえられ、安値で他人のものと化す。製材業や銀の採掘にも手を出しかかったこともあるが、自由な時間と健康を損ねるだけに終わった。

要するに、彼が成功した仕事は、文筆のほかに何ひとつなかった。

死ぬまで彼を研究し続けた伝記作家シュテファン・ツヴァイクによると「バルザックは窮地に陥らない限り素晴らしい作品を書けない男」だった。確かに、破産前の彼の作品に、みるべきものはない。「幻滅」「あら皮」「ルイ・ランベール」「セザール・ビロトー」などの最大傑作は、失望と落胆の個人的体験から生まれた。フランス文学に『ナニワ金融道』と同じ主題を持ち込んだのも、彼が最初なのである。

ところで、浪費癖激しく、見栄っ張りで派手好き、マナーも趣味も容姿も悪い醜男として知られるバルザックだが、憎めない無邪気な性格と文才及び不屈の精神はたくさんの女性をとりこにした。彼の危機を救ったのは、いつも女性だった。

死の5ヶ月前、彼はロシアの大富豪ハンスカ夫人と結婚。底抜けに金持ちな妻を得て、彼の借金は最期にチャラになった。

-------------------------------------------------------------------

●もし事業家として才能があったら

出版業や株の仲買、不動産業その他諸々によりフランス一の金持ちとなり、資金がなければ諦めていたパイナップル園経営、財宝発掘もやり抜き、政財界を中心に影響力を与えまくる。フランス人は皆バルザックに倣い、泥水かと思うような濃いコーヒーをすすり、修道服を着て真夜中から明け方にかけて仕事をし、食事中は誰もが音を立ててナイフを舐めるようになる。絵画にも建築にも服飾にも彼の嗜好が蔓延し、「文学以外すべてフランス人の趣味は悲惨なもの」となる。「家庭の幸福には苦もなく身を任せてしまうでしょう」といったバルザック、晩年間近に幸せファミリーを築き上げると、突然いともたやすく引退。ここでフランス人は目を覚ます。
balzac.jpg


posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 破産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

オレノ・ド・バルザック:フランスの作家
Excerpt: 情熱の持続時間は、その女性が最初に示した抵抗の大きさに比例する ゴリオ爺さんバルザック新潮社ASIN:4102005056この商品の詳細を見る オレノ・ド・バルザック 19世紀のフランスの作..
Weblog: 短文収集
Tracked: 2006-12-20 21:16

ユリイカ―詩と批評 (第34巻第11号) ― 特
Excerpt: 大学のスクーリングの副教材として指定があったので購入したのですが、そうでなければ買うことがなかったと思います。「ブロンテ姉妹」とありますが、主に『ジェーン・エア』と『嵐が丘』について、さまざまな方の批..
Weblog: ちさとのblog
Tracked: 2007-10-04 11:25

バルザック原作 LE COLONEL CHABERT
Excerpt: 明日のTV5MONDE / Japonのおすすめは、フランスの文豪Honoré
Weblog: TV5MONDE unofficiel
Tracked: 2007-10-29 23:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。