2005年09月20日

アンリ・トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)…フランス/画家、版画家

<成長の中止による成長>

●身体障害:トゥールーズ=ロートレックの場合

伝記映画『ムーラン・ルージュ』でも知られる(トゥールーズ=:以下略)ロートレックは、15歳のときから下半身の成長が止まってしまった。

1878年5月、13歳のロートレックは椅子から立ち上がろうとして転んだ。それだけのことで、左足の大腿骨を折ってしまった。

骨折が治るのはずいぶん遅かった。最初の事故から15ヵ月後にようやく、母親が付き添えば散歩できる、というところまで彼は回復した。そんなある日のこと、散歩を楽しんでいた彼は足を滑らせ、道端の溝に落ちてしまう。そして、今度は右足の大腿骨の上部を折った。

このときから、彼の両足の成長は止まった。

フランスでも有数の貴族の家に生まれた彼は、当時としては最高の治療を試すことができたが、どんな医者も彼の足を治せなかった。時を経るにつれ、上半身だけが普通の大人へと成長してゆき、そのアンバランスさは奇形的に際立った。大人になった彼は、グロテスクな小人となった。

それにしても、ロートレックはずいぶん些細なことで骨折している。成長が止まる、というのも普通では考えられない。彼の骨はもともと脆弱だったのだろう。

骨が弱くなった理由は近親結婚、つまり、彼の両親が名家のいとこ同士であることがもともとの原因だといわれている。このため、彼の骨は遺伝的な障害(多発性骨端骨化障害)を抱えていたようだ。骨折や成長が止まったのがその結果だとすれば、上流階級にありがちな落とし穴にはまっただけで、転落などは表面的な原因に過ぎないことになる。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

「もし自分が人並みの体だったら絵を描く代わりに狩猟でもしただろう」。後年友人に語ったとおり、ロートレックが画家となったのには、事故及び、それによる肉体的な障害が大きく関与している。

はじめの事故で思うように動けなくなった彼は、もともとデッサンが得意だったこともあり、リハビリ期間中、父と親しい狩猟画家のアトリエで絵を描いて過ごした。

2度目の骨折の後、彼はますます芸術活動にのめりこんでいった。成人しても子供ほどの身長しかなかったが、異様な外見をした彼を、アートの世界はのけ者にしなかった。

ロートレックが好んで描き続けたのは、社会の隅におかれた女給・踊り子・娼婦たちだった。彼は画材道具を片手に、退廃的なキャバレーやカフェ、売春宿に日夜入り浸った。足は短かいが、なぜか彼の陰茎は普通の人間と比べても異常に発達していた。性的能力の並外れた自分を、「大きな注ぎ口のついたコーヒーポット」と形容した彼は、キャバレー及びその周辺で生きる女たちと頻繁に肉体的交渉をもった。

彼がもっとも真剣に愛した女性は、ヴァラドンというモデルだった。彼女はもともと軽業師をしていたが、ステージからの落下による怪我で職を失っており、似通った経験が2人を結び付けていたのかもしれない。一生妻帯しなかったロートレックだが、ヴァラドンとは3年間交際した。

その後、ロートレックを蝕んだのは、梅毒とアルコールだった。晩年に彼は精神病院で入院生活を送る。このあたりは1890年代の作品で類似を指摘されるムンクの人生に通じるところがあるが、彼はムンクのように健全な生活を持ち直すことはできなかった。性的に奔放なだけでなく、大食漢で大酒飲みだったロートレックは36年の短い生涯を、身体的異常とは直接関係ない理由で終えた。

-------------------------------------------------------------------

● もし身体障害がなかったら

伯爵の称号をもつ父が趣味の狩猟をするのを憧れの目で眺めていたロートレック、成人すると、すばやい動きや表情の変化をとらえる才能を生かし、ハンティングを楽しむ。ほぼ百発百中の腕前で知られるようになった彼は、得意の絵は単なる趣味とし、日々遊び暮らす。こうして最初のうちは、あくまで上流社会に生き、いかがわしいと思われる場所には出入りしないよう気をつけるが、日本趣味が昂じて葛飾北斎や喜多川歌麿の署名入りの浮世絵、墨と筆などを取り寄せ始めたのをきっかけに、趣味におぼれるようになる。手持ちのものだけで飽きたらなくなった彼は、余るほどに豊富な金にものを言わせ、芸者や日本酒も産地から次々直送。ついにモンマルトルに「吉原キャバレー」を建立する。やがて芸者とアルコールから離れられなったロートレック、結局、徐々に身上をつぶしてゆく。
lautrec.jpg


posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 身体障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

葡萄酒色の人生/ロートレック
Excerpt: ロートレックというと、ムーラン・ルージュの華やかなイメージがありましたが、この映画で身体障害というコンプレックスを抱えていたことを知りました。日本画にも精通して影響を受け、その技術がムーラン・ルージュ..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-05-31 00:49

『ロートレック荘事件』
Excerpt: 私の携帯電話のメモには「やられた!」と思わせられる推理小説リスト(全部ネット情報)を書いてて、古本屋に行くとそれをチェックしながら本を探してます。 最近になってずっと読みたかった 『ロートレック荘事..
Weblog: それでは
Tracked: 2007-02-15 23:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。