2005年09月27日

スタンダール(1783‐1842)…フランス/作家

<数多く緻密な遺書>

●生前不遇:スタンダールの場合

失恋ばかりをやたらと繰り返し、一度も結婚していない男の書いた『恋愛論』を、誰が読みたがるだろう。他人の意見の無断盗用を繰り返し、それを批判されても繰り返す男を、誰が信用するだろう。

スタンダールとは、そういう男だった。そして生きていた頃の彼は、無名だった。

37歳の時に書き上げた『恋愛論』の場合、出版当初、売れたのは22冊。小学生の卒業文集だって、もうちょっと出回るのが普通だ。その後2年経っても、40冊も売れなかった。今や世界各国で読まれまくっている代表作『赤と黒』は47歳の時に出版されたが、死ぬまで再販されなかった(発行した部数より売れた数のほうが少なかった)。

あと4年で寿命という55歳の冬、体が思うように動かせなくなった彼は、口述筆記によりわずか53日で小説『バルムの僧院』を仕上げた。出版の翌年、この作品は偉大なるバルザックに「世紀の傑作」と、大絶賛される。

が、バルザックの手がけた数々の事業同様、この激賞は何の好ましい反響も生まなかった。出版時、わずか13冊が売れたのみで、スタンダールは世間から黙殺され続けた。

1841年、死の1年前。すでに出版された『バルムの僧院』1ページ目に、彼はこう書き付けた。「女を3人手に入れるのと、この小説を書き上げたのと、お前にはどちらがマシだったか?」

どちらがマシ、かは謎である。ただ、彼が「『バルムの僧院』を書く労力を他にまわせば女が3人手に入るようなモテモテ人間」ではなかったことは確かだ。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

スタンダールの遺書の数は、彼の遺した作品の数よりはるかに多かった。

若い頃から精神の安定を欠くことの多かった彼は、度々死を想った。彼は世間からだけでなく、愛する女性にも拒絶され、時には自殺を考えた。22歳のときはそのための毒薬を友人に頼み、死を目前にした1840年には、自らを撃つための銃を買い求めている。

彼は20代の終わりから、何度となく遺書を書くようになった。1828年だけで4通、1835年には10回以上それを記した。

遺書だけあって、書面には様々な指示が盛り込まれた。死後出版の依頼、財産贈与、墓地の希望、原稿の遺贈。

時々、死者の言葉は生きている者より力を持つ。

別に幽霊なんか信じてなくても、死んだ人からの頼み事というのは、無視しづらいものである。死後、彼の原稿の多くが日の目を見たのは、遺書により依頼を受けた者たちの責任感によるところが大きい。

とはいえ、スタンダールにも自信があったのだろう。59歳まで生きた彼が墓碑銘「生きた、書いた、愛した」を選んだのは、『恋愛論』を書き上げた年、37歳の時だった。「結局のところ、生きる価値なんてあるのかね?」「私は自分の書いたものを読ませる何らかの才能があるという確信はまったく持てない」などと記しつつも、彼は自分を認めてくれるバルザックへの手紙に本音をのぞかせている。

「白状しますが、私は1880年には少しは有名になるだろう自恃の念を持っているのです」

-------------------------------------------------------------------

●もし生前に評価されていたら

突然受験放棄し決闘騒ぎを起こし女からフラれまくる「まずい顔立ち」のドジ男が書いた『恋愛論』がコメディ本と勘違いされて大人気。これを恥じたスタンダールが遺書ばかり書いているのに気づき、編集者が週刊誌にそれを無断連載。怒った彼だが、すでに発表した彼の美術論や伝記に剽窃が多数見出されることを各方面から指摘され、結局沈黙を決め込む。連載が単行本化されると、「コメディ作家が書いた『遺書』」と見なされ大ウケ。こっそり書き溜めていた彼の自伝も無断で出版されると、「滅茶苦茶な構成」「文中に悪筆や作品自体の弁明を入れる手法」「走り書きのいい加減な作図など、細かい部分の不正確さ」が新鮮、と、妙な礼賛がまき起こる。
standhal.jpg


posted by 73 at 23:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 生前不遇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
スタンダールで検索していたらこちらに辿り着きました。

昔、スタンダールに傾倒した時代があったのですが、それがいつのことか全く思い出せません。
きっと、高校3年か、大学1年の頃だと思うのですが。どのような経緯でスタンダールを知り、何故気に入ったのかもすっかり忘れてしまいました。5年も経ってないだろうに、人って色々忘れるものですね。

ところで、管理人さんは文学に精通していらっしゃいますが、
Posted by guapisima at 2007年01月24日 11:56
(間違えて書き込むボタン押してしまいました。すみません)
以下続き・・・

精通してらっしゃるのは職業柄ですか?それとも趣味ですか?
スタンダール以外にも色々な人物を読ませていただきましたが、どれも面白く、ブックマークさせていただきました。特にシャネルは気に入りました。coco一番!

今後もUPDATEする予定はありますか?

Posted by guapisima at 2007年01月24日 12:00
guapisimaさん

コメントどうもありがとうございます。ごめんなさい、ほったらかしていて!

>管理人さんは文学に精通していらっしゃいますが、

いや、そんなことは……ただ、精通しているとお感じになられた部分についてはたぶん、職業柄よりは趣味でってことになるかと思います。

ココ・シャネルは(ブランドとしてはともかく人物が)私も大好きです。UPDATEは、うーん、しばらくは難しいと思いますが、気長に見守っていただけるとありがたいです。
Posted by 73 at 2007年01月24日 12:13
返答ありがとうございました。

しばらくUPDATEは考えてないんですねー残念。
是非、サルバドール・ダリとかマティスとかやってください!ピカソとダリの女性関係を比べると面白いですし。
それともう一点、管理人さんご自身のプロフィールをもっと載せたらいかがですか?
Posted by guapisima at 2007年01月24日 14:19
guapisimaさん、アドバイスありがとうございます。

>是非、サルバドール・ダリとかマティスとかやってください!ピカソとダリの女性関係を比べると面白いですし。

面白そうですね! ダリの女性関係、私も知りませんでした。ぜひ考えてみますね。

ただ、プロフィール、アップデートともに、いずれもちょっと時間かかるかも。お返事も遅くなってしまってごめんなさい。
Posted by 73 at 2007年02月08日 21:34
はじめまして。
iwasakiと申します。
いつも楽しみに拝見させていただいております。

私の方でデザインを職業にしているのですが
管理人様の似顔(ベートーベン)を使用させて頂きたく、
コメントさせていただきました。
こちらの方でかなり加工は加えますが、

ラフの方をお見せしたいので
一度、お返事していただけたらと思います。
何卒、よろしくお願い致します。
Posted by iwasaki at 2007年07月29日 10:15
iwasakiさま

ご連絡ありがとうございます、管理人です。では、お手数ですがメールにてご連絡いただけますでしょうか。
Posted by 73 at 2007年07月30日 19:10
ありがとうございます。
メールさせて頂きました。
ご確認ください。
Posted by iwasaki at 2007年08月01日 21:28
失恋ばかり繰り返したので、「恋愛論」を書けたのだろうし、書く気になったのだろう。

恋愛の勝利者やモテ男なんぞは「恋愛論」書く気にならないだろう。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年02月12日 03:39
醜男で女にもてないスタンダールだからこそ、恋愛論を書けたというわけか・・・。

いや、そんなことではなく、本質を見抜く感性を持っていたということだろう。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年08月21日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。