2005年11月01日

ジャン・ジャック・ルソー(1712-78)…スイス/思想家

<最初の不幸>

●母早死に:ルソーの場合

「私の誕生は私の最初の不幸であった」と自伝『告白』に記すとおり、ルソー誕生の9日目、彼の母は出産が原因で亡くなった。

ルソー曰く、死んだ母は「父よりも豊かであり、知識も高くて、美しかった」そうだが、彼の記述するあまりに理想的な母親像はマユツバなとこもある。これは、一見すると夢見がちな魅力に溢れているが、現実に当てはめると矛盾しがちな彼の思想のようである。

時計職人の父は、愛する妻の命と引き換えに生まれたルソーに「お母さんを帰しておくれ、この私を慰めておくれ。この心にあいた穴をうずめておくれ。お前が私の子というだけなら、こんなにかわいがるものか」なんていってたらしい。ルソーも大変だ。

伴侶を失ったショックはジワジワ父を蝕む。生活は徐々にすさんでゆき、ルソー10歳のとき、決闘沙汰がもとで、父は息子たちを残し出奔。間もなく兄も行方不明になり、一家は崩壊。孤児となったルソー、牧師に預けられた後、13歳で徒弟奉公に出される。

彼は親方の横暴と束縛から、嘘をつき、サボり、盗みを犯すようになる。ここで生じた「自然でない人為的な徒弟関係が堕落を招く」という考えは、「悪の起源は不平等。不平等から富が生まれた」とする後の『人間不平等起源論』につながる。ものは考えようである。

その後、ルソーは職を転々とし、3年半に渡る放浪生活を送る。今でいうフリーター、浮浪者だ。晩年にひきこもってもいる彼自体、社会問題の塊みたいだ。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

さて、19歳から7年間、ルソーは年金生活者ヴァラン夫人のもとに暮らす。夫人はルソーの教師となり、母親代わりになり、2年後には愛人ともなる。結局、ヒモ暮らしである。傍から見れば不自然なこの関係、母亡きルソーには自然なものらしい。

この時期以外、働き始めてからパリに移るまで、ルソーは貧しく、社会の最下層の地位にあった。30を過ぎて彼に生まれた5人の子も、貧困を理由に即、孤児院行きにした。教育書を書いてるくせにという気はするが、彼自身孤児だったんだし、妙な父に育てられるよりマシかも。

当時、フランスの学問や芸術は、貴族と富裕な上流階級に支えられていた。文字も知らぬ貧しい民衆がそれらに接する機会は、ひどく限られていた。母や愛人の影響で教養を持ち合わせたルソーも、サロンなどの閉鎖的な社交界からは下層民として冷遇され、つまみ出された。

そんなルソーが注目されたのは、懸賞論文『学問芸術論』だ。現状への不満をもとに、彼は学問や芸術自体を批判した。学問にも芸術にも通じた彼の言行不一致はその後も続き、論理に一貫性を欠くこの論文が発表されると反論ばかりが生じた。

が、論戦を重ねるうち、ルソーの思想は整理され、批判の対象が定まった。5年後、『人間不平等起源論』に進歩主義及び不平等への批判が明示された。

これらの批判は、たいていの革命の発起点である。そして、ルソーの理想はいつも夢のままだから、彼の批判は今日も通用する。

-------------------------------------------------------------------

● もし母が死ななかったら

母直伝の教養を身につけまくったルソー、牧師の孫を肩書きにサロン出入りをスタートし、「自分の属するサロンに自己をすっかり預け、個人性を放棄すれば、自己の内部分裂がなくなり幸福になる」と考えて『サロン契約論』を発表。中世以来、西洋初の同一人が作詞作曲したオペラ『村の占い師』が大成功を収めると、選民気取りで年金享受。その後ハイキングやピクニックなどを提唱し、カーテンをあしらった装飾過多なテント、バーベキューの最中に服につくニオイを消す最高級の香水、睡眠中撃たれてもかすり傷ひとつ負わない寝袋などのアウトドアグッズを販売して大もうけ。これを元手に、女中に生ませた5人の子を育てるが、どの子も本を読まない。
rousseau.jpg


posted by 73 at 23:45| Comment(1) | TrackBack(1) | 母早死に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
放浪、ヒモ暮らし・・
青年期なんてそんなものだ。
それを糧にどのように変容するかだ。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年09月06日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ルソーの名言
Excerpt: 自然にかえれ by ルソー ◆説明 ┣文明社会の生みだした悪い影響から逃れ、人間がもともと持っている素朴な自然の状態にかえるべきだ...
Weblog: 悩んだときには名言集を
Tracked: 2009-11-25 20:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。