2005年10月25日

ジョン・スチュアート・ミル(1806‐73)…イギリス/哲学者、経済学者

<英才教育とその功罪>

●学歴なし:ミルの場合

狼に育てられた少女がどうなるか気になるなら、『自由論』の著者ミルのこともちょっと気にしておきたい。功利主義者の父による徹底した英才教育によって成長した彼は、学校教育をまったく受けなかったのだから。

ベンサムやリカードを友に持つ父は、ミルに3歳からギリシア語を教え、8歳までに『ソクラテス追想録』やプラトンの『対話篇』なんてのを読ませ、ラテン語を学ばせた後、13歳のときに経済学の課程を終えさせて、リカードの『経済学及び課税の原理』を読ませた。こんな教育受けたガキに間違ってお年玉なんて渡したら、「こいつ俺のこと利用しようとしてんじゃないだろうな」などと勘ぐられそうだ。

父子とも大学教育をバカにしていたので、ミルは大学へ行く年になると父の働く東インド会社に勤めた。インド人もビックリしたかは分からないが、10代ですでに論客となった彼が教養の面で比類なく恵まれたことは確かだ。後に彼自身、自分は父からの訓育のおかげで、同年輩の人々より4分の1世紀早くスタートできた、としている。

ただしミルは「私の教育の主な欠陥は、子供たちが親からほうり出されて何とか自分でやってゆかされるとか、集団の中に放りこまれるとかいうことから得られるものを受けなかったことである」と記し、「日常の問題になると、私の散漫、不注意、だらしなさは、年中叱責に値した」という。彼みたいな教育受けなくてもそういう人はいっぱいいるんだけど……。

-------------------------------------------------------------------

● 人生のポイント

さて、早期教育が蔓延する今の時代、ミルと同じ程度にとはいわないまでも、何らかのジャンルで多かれ少なかれ「英才教育のようなものを受けた」覚えがあるという人は多いだろう。英才教育がミルのような人物を産むのだとすれば、第二、第三のミルが続々と生まれないのは、なぜか。

ミルが受けたのは、記憶第一の詰め込み式教育ではなかった。息子が不用意に「観念」だの「理論」だのといった言葉を使うと、それはどういうことかと追求し、天才少年の無知を暴露してヘドモドさせ、失敗を自覚させた。彼の父は、息子に自分自身の言葉で語ることを求め、理解力、思考力を鍛えたのである。

やがてミルは、絶対の真理だと思い込んでいたベンサム主義に疑問を抱き、重い欝状態になる。その後、まずベンサムが死に、そして父が死ぬと、ミルは猛然とベンサムを批判する。さらに後、今度は「批判しすぎた」と思い直して、いったんは遠ざけたベンサム功利主義の肩を持つ。

ミルが意見を変えるたびに、彼に賛成する者は「裏切られた」と感じた。が、一見、無節操で軽薄なミルの誠実さは「満足した豚よりも満足しない人間である方がよく、満足した愚者であるよりも満足しないソクラテスである方がよい」という彼の言葉に現れている。彼は常に疑問と不満を抱えつつ、体面より改善を追究した。先人の言葉をただ鵜呑みにしているばかりでは、世界も自分も変わらないのである。

-------------------------------------------------------------------

● もし学歴があれば

学校生活中、自分の知識が同級生たちと比べてかけ離れたものであることを知り、ミルは自分の秀才ぶりに開眼。ずば抜けたその知識に全校生徒が脱帽し、彼の説くベンサム主義が校内を席巻。「最大多数の最大幸福」をスローガンに、多数決で決定した1人が他の全員の宿題をやる、1人のパシリが他の全員のためにお昼のパンと飲み物を買ってくる、といったシステムが横行、イジメ問題に発展。落ちこんだミル、俗人との交際を絶って人妻との道ならぬ恋に生きる。と、周囲の誰もが彼を真似たため、大学生の間で不倫ブーム。家事にも恋にも忙しくなり始めた世の主婦に向け、「子売り主義論」を書き上げた後、高利貸しとなり今度は「高利主義論」を完成。
mill.jpg


posted by 73 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 学歴なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。