2005年11月29日

石川啄木(1886‐1912)…日本/歌人、詩人、評論家

<天才庶民>

●中退:啄木の場合

盛岡中学にいた頃の啄木は「青春まっただなか」という言葉がピッタリな情熱野郎で、決して泣きながらカニ遊びをするような人間ではなかった。

文学熱に浮かれる彼は、学校の勉強そっちのけで『太陽』や『明星』を読みふけり、岩手日報に歌、書評、評論を載せつつ、文通から始まった節子(後の妻)との恋愛や、教師へのストライキに奔走した。当然ながら学校の成績は、ひたすら下降線を描く。試験をカンニングで何度か切り抜けるが、ついに発覚し、5年生で退学を勧告されたようだ。

家族や友人には退学の理由を「学校が面白くないから」と語った。が、実際には放校同然で、学校にいても落第することは目に見えていた。5年1学期の成績は、8科目中4科目が成績不成立、それ以外も赤点スレスレとお粗末なもの。同級生たちは啄木を脱落者と見なし、「石川のようになるな」とささやきあっていた。

しかし、地方紙に度々文章を掲載したことが啄木の確固たる自信となった。「退学という試練は、文学の世界でいち早く自分を英雄に君臨しようとする神の配慮に違いない」と考えた彼、東京へ行けば何とかなると思い込む。

タイミングよく、2、3年ほど「投稿しては没」を繰り返していた『明星』に、初めて啄木の歌が掲載される。これに目をつけた与謝野鉄幹は、彼を東京へ呼び寄せた。

こうして17歳の啄木は悠然と退学願いを提出し、上京する。ちなみにこの頃、啄木の作品は、奇をてらったものや模倣がほとんど。勢いだけが取り得のトホホな若者だったのだ。

-------------------------------------------------------------------

● 人生のポイント

上京した啄木は、翻訳で金を調達しようと図書館通いをして英語を学んだ。が、訳本を出版社に持ち込めば「大学を出てから来い」でお流れ。移住を繰り返しては職をクビになり、書いた小説は5篇ともものにならず、ぱっとしないことばかり。

それでも啄木は、自分を特別な天才だと信じ続けた。たいした実績もないまま上流を気取って、人力車を乗り回し、バイオリンを弾き、賛美歌を歌い、歌会を開く。金もないのに借金を重ねまくってのこの態度は、当然軽蔑を集めた。この頃「働いても暮らしが楽にならない」なんてじっと手を見てたら「使わなきゃいいのに」と一笑されて終わったろう。

が、中学中退の経歴は、啄木にいつまでも上流の生活を許さなかった。結局、彼は新聞の校正係にしかなれなかったのだ。

夫との生活に耐え切れなくなった妻節子は、啄木が24歳の時、ついに家出する。ここで啄木は現実に目覚め、自らの天才を見限り、生活を人生の最重要事項と考えるようになった。

そして、無用のものだと突っぱねていた短歌に、一庶民としての悲哀を気取らず著し始める。こうして彼は『一握の砂』『悲しき玩具』を生み、本当の天才になった。

が、『一握の砂』初版は売り切れぬまま、明治最後の年に27歳で啄木は死んだ。この後、庶民層に大正センチメンタリズムが流行し、「庶民の心を歌った歌人」として注目を浴びる。彼が本当に庶民の心を持ったのは晩年の3年足らずだから、ずいぶん効率的である。

-------------------------------------------------------------------

●もし中退していなければ

大学に進学し教授へのストライキ騒動を起こすが、卒業後は翻訳で金を稼げることに味を占め、徐々に創作はそっちのけに。それでも中学時代に傾倒したロマンティシズムが棄てられず、分不相応な王朝風の暮らしをしては、金を借りまくり踏み倒し続け、あちこちに愛人を作りまくった挙句、妻節子とは離縁する。が、結核にかかるといきなり弱気になって復縁を迫る。ついに体が動かなくなると、古今東西の可憐な臨終場面を研究し、華麗な辞世の句を模倣する。最期は自分の墓の形がロマンティックに見えるかどうかを気にしながら、バイオリンの演奏をバックに色とりどりの花に埋もれて少女漫画チックに息を引き取り、「妙な人が死んだね」と噂される。
ishikawa.jpg


posted by 73 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 中退 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

チャールズ・ダーウィン(1809-82)…イギリス/進化論提唱者

<学問の道も適者生存>

●中退:ダーウィンの場合

若い頃のダーウィンは、ボンボンのバカ息子を絵に描いたようであった 。

彼は上流の出だ。祖父は著名な進化思想家エラスムス・ダーウィン、母は陶器製造で有名なウェッジウッド家の出身だった。優秀な医者だったダーウィンの父は、自分と同じ医学の道を歩ませるため、当時の医学名門校・エジンバラ大学に息子を入学させた。

繊細なダーウィンは、麻酔のなかった当時の外科手術の残酷さに耐えられず、人の血を見るとめまいを起こした。やがて、解剖学に激しい嫌悪と恐怖を覚えるようになり、医学の他「2年目に地質学と動物学の講義を受けたが、この講義が与えた唯一の影響は、生きている限り断じて地質学の本は読むまい、もしくは、この科学の研究は一切すまいという決意を固めさせたことだった」らしい。

その後も生涯、彼は興味のないことに集中できなかった。まったく医者になる気がない息子を父も理解し、2年でダーウィンはエジンバラ大学を中退する。

後のダーウィンは「父は私に『おまえは学問が嫌いで遊んでばかりいるから、ダーウィン家の後を継ぐことはできまい』といった」「全部の先生からも父からも、しごく普通の子供で、むしろ知能は平均以下だと見られていたと思う」など、幼い頃の落ちこぼれぶりを父からの視点で記した。ずっと彼にまとわりついたのがこの「やたらうるさくエラそうなオヤジのプレッシャーにおびえるありがちなドラ息子」的様相である。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

その後、またしても父の介入による投げやりな進路選択が行われる。

今度は牧師になるべく、ダーウィンはケンブリッジ大学神学部に入学させられた。これは当時、良家の子弟は医者か軍人か牧師になるのが当然で、ダーウィンが軍人になることを嫌ったためという、情けない理由による。

大学での彼は、植物学の講義以外は勉強に手を抜き、射撃や狩猟、酒や乗馬や酒、トランプ遊びや女遊びにうつつを抜かした。ここまでは、ダーウィン家に退化が生じたかのようだ。

が、転機が訪れた。大学内で出会った植物学者ヘンスローの影響により、ダーウィンは動物学、そして生きている限り断じて手をつけないと決意した地質学にまで関心をもつようになる。在学中にヘンスローの勧めで短期間の地質学研究旅行に同行し、研究者としての基礎も学んだ。

大学卒業後のビーグル号による世界周航も、ヘンスローが艦長フィッツ・ロイにダーウィンを助手として推薦したものだ。後の著作『ビーグル号航海記』『サンゴ礁の構造と分布』は、このときの調査や観察をもとにしている。

生物進化という発想も、ビーグル号での航海中に生まれた。説得力のある理論化にダーウィンはそりゃかけすぎだろうと思われるほどに時間をかけて、23年後、主著『種の起原』を発表する。

こうしてみると、皮肉にも神学部への入学が、神を否定する進化論を生むきっかけになったことになる。一冊に23年を費やす彼には、遠回りもやむを得まい。

-------------------------------------------------------------------

●もし中退しなかったら

嫌な仕事をしなくったって、資産家の息子だから食うには困らない。「十分な教育を受け、日々の糧のために働く必要のない人々の存在は、いくら評価しても評価しすぎることのないほど重要である。高度に知的な仕事はすべて彼らによってなされている」と述べた彼のことだから、上流階級の特権を生かし『種の起原』に匹敵する「高度に知的な仕事」をやり遂げたりして。

ちなみに、晩年のダーウィンは、めまい、動機、頭痛、嘔吐などの症状に悩まされることが多く、少数の親しい友人を除いて交際を絶って引きこもり、自説に対する批判に自分で反論に立つこともなかった。てことは中退しようがしまいが、最終的に彼の生活って、そんなに変わらなかったのかも。

darwin.jpg
「私は、できるだけ一生懸命に、できるだけよくやったのだ。誰もこれ以上にはできない」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 中退 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。