2010年07月10日

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(1817−62)…アメリカ/作家、思想家

<まずはひとりで>

●生涯独身:ソローの場合

ヘンリー・D・ソローが22歳の時に恋したのは、エレン・シューアルという牧師の娘だ。当時のエレンはソロー家を訪れ、田園の散歩、ボートでの遠出、本の朗読と議論などを通じ、ソロー兄弟と長い時間を過ごした。兄のジョンもエレンを愛しており、ジョンがプロポーズに失敗した後、ヘンリーも手紙で求婚するが、断られてしまった。エレンの父親は、ソロー兄弟を理想主義的で進歩的過ぎると考えていたので、それが父親っ子のエレンの決断に影響したのかもしれない。
この頃、ソローは「思いもかけず 囚われた」「愛し方がもっと弱かったなら 愛せたかもしれない」といった言葉のある「共感(シンパシー)」という詩を書いた。表向きにはエレンの弟に捧げられたものだとされるこの詩は、実のところ、エレンへの愛を表現したものだといわれる。
「共感」の詩から12年後、ソローは日誌に「自分はひょっとして、ある感覚が欠落しているのかもしれない」「若い女性と半時間話しても、彼女が整った顔立ちをしているというだけの理由で、喜びに出会うということはない。若い女性たちとの社交(ソサイエティ)は、私がこれまで試みた最も詮無いことであった」などと記した。30歳の時ソローは、45歳のソフィア・フォードという女性からの求婚を断っている。年齢差は気になるところだが、もてない男、というのではなかったようだ。
死の床でソローは、エレンのことを「ずっと愛していた」と語った。エレンはソローの死後まもなく、牧師と結婚し幸せに暮らしたが、ソローの早く亡くなった兄も姉も妹も、生涯独身を貫いている。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

40歳になってから「自然は僕の花嫁」「僕はヒイラギガシと恋に落ちた」などと書き綴っていたソローは、自分の最大の技能を「ほとんど欲しないということ」だとしている。『森の生活』に「貞潔は人間の開花だ。そして天才、英雄的行為、聖性などといわれるものは、すべてその後に続くさまざまな果実に過ぎない」とあるように、ソローは性的な放逸をだらしなく不潔で人を不浄にするもの、節制は活力をもたらし人を鼓舞するものと考えていた。
そして、豊かに生きる最も確かな道は、必要なものを少なくすることだと、ソローは早くから意識していた。「人は、かまわないでおける物事の数に応じて豊かなのである」「一人の人間による以外には何も生み出すことはできない。助けを望むものはすべてを望む」「まず一人でしなければならない。そうすれば成功を私たちは共に喜ぶことができるだろう」と記す彼が、配偶者や子どもにふりまわされることのない生活を選んだのは、自然なことだった。
実際、ソローが『森の生活』の着想を得た森の中での2年間の生活も、人頭税の納付を拒否して逮捕・投獄されたのも、たった一人でのことだった。「社会の再形成〔改革〕(リフォーム)という問題では、私たちは団体をほとんど信じていない。この社会)は最初その上に形成されたのではなかった」と述べたが、ソローは誰かの協力を頼る前に、ひとりひとりが力を発揮することの大切さを固く信じていたのである。

-------------------------------------------------------------------


●もし結婚していたら

隠遁生活中のウォールデン湖畔にソローの後の妻がお弁当を持参したびたび参上、ケープ・コッド岬で繰り返される頻繁なアウトドアデート。恋が、愛が、女性がいかに素晴らしいかに感銘を受けて著されたのが『ウォールデン・森のピクニック』。おいしいサンドイッチのつくりかたから、自然の中で男女が交わる方法、木の実の選び方やレシピなど、使える情報が体験に裏打ちされて事細かに記され、実用書として広く読まれる。
また、人頭税を払わず投獄されたソローに対する妻の対応は『相手を気持ちよくさせる刑務所での面会の仕方』『投獄された家族を励ます手紙の書き方』といったハウツー本にまとめられ、ガンディー、キング牧師の家族も啓蒙、日本でも極道の妻のバイブルに。

Henry David Thoreau.JPG


posted by 73 at 17:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 生涯独身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

フローレンス・ナイチンゲール(1820-1910)…看護婦、病院改良家

<完璧なるもの以外は失敗>

●生涯独身:ナイチンゲールの場合

美しく裕福だったナイチンゲール、若い頃はかなりモテた。逆玉に乗りたいという下心からの奴も含め、言い寄られることは少なくなかったが、90年の生涯を最期まで独り身を貫いた。

ある男性からの9年間にわたる求婚の申し出を断った頃、彼女はノートに次のように記している。「立派な男性が求婚すれば、女性がそれを受諾しない理由はない、という考えにはまったく賛成できない。神の摂理もそうではないと思う。女性たちのうち、妻になるのが神の定めであるものもいるように、独り身でいるよう、明らかに定められているものもいる」「今年で30歳になる。キリストが伝道を始めた歳だ。もはや子供っぽいことは終わり。無駄なことも、恋も、結婚も。さあ、主よ、あなた様のご意志のみを考えさせてください」

31歳になると「死以外に望ましい将来を思い描いたことがなかった」と書き、ノートの100ページを使って家庭生活が虚偽に満ちており、結婚がばかげており、因習が虚しいことを綴った。後年には、J・S・ミル宛ての手紙で「結婚している女性が自分自身の財産を自由にする権利を持つまでは、愛も、正義も、存在し得ないでしょう」と記している。

なお、彼女は同性愛者だった、とする説もある。事実は判然としないが、いとこのマリアンヌ・ニコルスンについて、こう書き残していることは確かだ。「私が今日までの生涯で、真に情熱をもって愛した人はただ一人であり、それがあの女性だったのです」

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

ナイチンゲールといえばクリミア戦争中の野戦病院での看護。そう思う人は多いだろうが、彼女が看護婦として活動した期間はたった3年あまりである。実際には、そこでの失敗に基づき、『看護覚書』をはじめとする約200の著作や書簡などを通じて取り組んだ病院改革の功績が大きい。彼女のデータに基づいた説得力ある調査報告は、かなりの影響力をもっていたのだ。

そもそもナイチンゲールが登場するまで、看護婦の仕事の実態は売春婦やホステスとたいして差のないものだった。看護婦の社会的地位は彼女の力によって飛躍的に向上したが、そのためには形式的なシステム改革だけでなく、男に隙を見せないためのアイデアが必要だったのである。

ナイチンゲール彼女にしてみれば、ベッドは色事の場などではなかった。病院に並ぶベッドは30代の彼女にとって看護の現場だった。人生の終盤50年は、体調不良のため彼女自身がベッドの上に寝たきり状態だったが、身を横たえながらもあちらこちらに指揮を出し、周囲を統率し続けた。

メモ魔、記録魔だったナイチンゲールは、著書だけでなく約1万2000通の書簡やノートに多数の名言を残している。「完璧なるもの以外は失敗」「あきらめなどという言葉は私の辞書にはない」「すべてを思いどおりに成し遂げるのでなければ、何もなさなかったのと同じ」……ともすれば相手との妥協を迫られる恋愛だの結婚だのを、彼女が人生から排除したのは当然かもしれない。

-------------------------------------------------------------------

●もし結婚していたら

主婦となったナイチンゲールは緻密に『掃除覚書』『育児覚書』『家計覚書』『料理覚書』『夫婦覚書』を記す。ほうきやおしめの取替え時期から寄付による度々の出費、夫婦生活の回数まで、数値化できるものはすべてグラフ化して文中に添付。さらには雑巾装着可能な掃除用、哺乳瓶付属の育児用、電卓とメモが常備できる家計用、一見エプロンにしか見えない料理用、一見ネグリジェにしか見えない夫婦用の制服を提案。著書はすべて主婦たちの愛読書となりベストセラー入りを果たすが、頭のてっぺんからつま先まですべて、妻の思うままに操られ続けた夫は、ある日突然姿を消し、『夫婦覚書』のみ中断。その後も夫の行方はわからずじまい。
nightingale.jpg
「自分が敗北者だということに気づかずにいることこそ、勝利への近道である」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生涯独身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

ルイス・キャロル(1832-98)…イギリス/童話作家、数学講師

<幼女は大好き>

●生涯独身:キャロルの場合

オックスフォード大学の数学講師であったキャロルには、結婚につながるような大人の女性との恋愛はなかった。結婚というのは彼にとって魅力的なものではなかったのである。52歳のとき、友人にこんな手紙を書いている。

「あなたは結婚して12年ですが、僕のほうは年寄りになっても相変わらず独身なのです。これからもそのままのはずです。学寮での明け暮れは女っ気がなくて惨めというものでは全然ありません。無論結婚生活にも多々いい所があるのでしょうが僕にはちょっと縁がないようですね」

ただし、未成熟な少女たちに、彼はずいぶんと熱を上げた。31歳の時点ですでに、彼の名簿には107人の少女たちの名が記されていたという。また、キャロルは少女たちの肖像画を数多く描き、撮影に没頭した。

彼のアルバムには、ごく普通の人物像のほか、さまざまな姿をした少女たち――洋服を着たノーマルなもの、仮装したもの、裸でポーズをとっているものなど――を写した膨大な数の写真が遺されている。キャロルは少女たちの肖像画も多く書き残した。

キャロルには長く友人関係を続けた女性が何人かいた。それに、当時のイギリスでは彼以外にも純粋さの象徴として、少女のヌード写真を撮る者が多かった。そんなわけでキャロルが変質狂的なロリコンだった、と断定はできない。が、仮にそうでなかったとしても、そんなふうに思われても仕方ないという気がする。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

真相は定かでないものの、キャロルが13歳の少女に求婚した、17歳の少女に恋愛感情を持っていた、といった噂は語り継がれている。

1856年からしばらくの間、彼はエレンという女性と親しくなる。この女性は、キャロルにとって生涯にわたって影響を与えた、といわれる。

が、エレンとキャロル2人の間で仮に恋愛感情といえるような気持ちが起きたとしても、たかだか3年程度の短い期間である。お互いがやや疎遠になり始めた頃、キャロルは32歳、エレンのほうはもう少しで17に手が届こうとしていた。少女から大人の女へと移り変わろうとするまさにそのとき、この関係は変わってしまったようだ。

なお、キャロルは大学講師でありながら、どもりというハンディがあり、人前で話すことが苦手だった。しかし彼は、子供を相手にした時だけ、すらすらと話せた。

『不思議の国のアリス』はもともと、キャロルが学寮長リデルの3人の娘と川遊びのピクニックに出かけ、その場で次女のアリスを主人公にして即興で語った話がもとになっている。キャロルが求婚したという説も、このリデル家の娘に対するものである。

姉妹作『鏡の国のアリス』が記された頃、キャロルはリデル家と疎遠になっていたが、これも実在する「アリス」という名の少女をモデルにした作品であることは間違いない。代表作のひとつ『スナーク狩り』もまた、別の少女に捧げたものである。キャロルに作品を生む想像力を導き出したのは、いつも少女、だったのだ。

-------------------------------------------------------------------

●もし結婚していたら

可能な限り若妻を得るが、子供ができず女児を養子にもらい、血のつながらぬその少女をアリスと名づける。毎晩キャロルはこの娘と一緒に入浴しつつ、アリスを主人公にした物語を語る。数年のうちに妻は、夫が自分と話すときどもり始めたのに気づく。相変わらず娘と長湯を続けるキャロルに不信を感じ始めた彼女、夫の引き出しから少女の裸体写真を見つけ、ショックにひとり、立ち尽くす。以来、キャロルはそれまで語ったストーリーを封印、微妙に現実感のあるアリスを主人公に話をする……「東の国のアリス」「男3人のアリス」「ヒゲのアリス」「歌い終えた後に『ありがとう』というアリス」「頭の禿げ上がってきたアリス」「やけに存在感の薄いアリス」etc.
carroll.jpg
「人生において、誰からもケチをつけられそうにないことばかりしていたら、たいしたことはできないだろう」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生涯独身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

アルフレッド・ノーベル(1833-96)…スウェーデン/発明家

<遺伝子でなく賞遺す>

●生涯独身・ノーベルの場合

ダイナマイト爆弾を発明したノーベルは、死んだ後まで爆弾発言女にゆすられた。

43歳のとき、彼はオーストラリアの花屋で働く売り子ゾフィー・フェス(当時20歳)と出会い、恋に落ちた。典型的庶民であるゾフィーと世界的な財産家のノーベル、年齢のみならず知性と教養の落差は大きかった。美しいゾフィーに貴族的な洗練を与えようと、彼は必死に尽くす。

が、無責任で気まぐれなゾフィーは、ノーベルの与えた小遣いで贅沢な暮らしを覚え、ますます気ままな女となる。さらにはノーベルの不在中、若い将校と恋をして妊娠。ここでやっとノーベルは、彼女を諦める。

ゾフィーは将校と結婚した後も、ノーベル名義で莫大な借金をし、夫婦別々にノーベルをゆすり続けた。

悪女は死者に対しても悪女である。ノーベルが死ぬと、彼の遺言で遺産を得られなくなった親族が不満を示すドサクサのなか、誰もその存在を知らなかったゾフィーが名乗り出て、高額を要求した。さらに、ノーベルからの手紙216通や写真などを、遺言執行者に法外な値段で売りつけた。脅迫とスキャンダルを恐れた執行者は、渋々それを買わざるを得なかった。

ノーベルは財産を近親者に相続させることを「怠けぐせを誘発し、人類の堕落に貢献する」と、反対していた。花売り娘を贅沢暮らしでアバズレ女に変貌させてしまった男の言葉は説得力に満ちている。彼が生涯独身を貫いた最大の理由は、ゾフィーとの恋に懲りたためだろう。

-------------------------------------------------------------------

● 人生のポイント

生前のノーベルは「破壊王」「悪人」「死の商人」といった悪評を浴びていた。彼も自分自身を「この世に生を受けた瞬間に、慈悲深い医師の手で絞殺されたほうがマシだった」、自分の発明品を「低劣な殺人道具に堕したるもの」と評した。

ノーベルは戦争を「惨事の最たるもの、あらゆる犯罪の筆頭」と考え、「ひとつ強力な爆薬か兵器を発明し、それがものすごい破壊力を持つとわかれば、戦争などは以降一切起こらなくなるだろう」と思っていたのだ。が、彼の発明品が兵器として使われた以上、ダイナマイトの発明や約355種 の特許は、本人にとって名誉でもなんでもなかった。

そんなこんなで名誉称号や表彰に類することを一生軽蔑したノーベルだが、彼が偉人たる最大の理由は、彼の遺産と遺言から設立されたノーベル賞、にあるだろう。世界平和と科学の進歩を願う彼の強い気持ちがこの賞を生んだことはもちろんだが、生涯を独身で通した彼には莫大な遺産を相続させたい人物がいなかった、というのも賞が無事成立したポイントである。

仮に今、彼が生きていたらどう思ったろう。原爆や水爆の存在に嘆きつつも自分よりひどい奴がいることや、彼の名が栄誉とともに世界中に響き渡っていることに、ホッとするだろうか。それよりは、自分の考え出した賞が世界平和にあんまり貢献していないことや、昔自分がアバズレ女に書き送ったラブレターの内容を思い出し、死にたくなるんじゃないだろうか。

-------------------------------------------------------------------

●もし結婚していたら

妻は世界一セレブなミセスを目指し、ひたすら金遣いを荒くするばかりで、巨万の富を持つ夫を「もっと稼げ」と急き立てる。妻の愛人は彼女のはからいでノーベルの会社ノーベルインダストリーで重役の地位を与えられるが、仕事に没頭するノーベルは彼が恋敵であることにすら気づかない。やがて妻は愛人の子を産み、稼ぐだけ稼いだ夫に前代未聞の保険金をかけた後、爆発事故に見せかけ殺害。ノーベルの死後、愛人と元妻は盛大な結婚式を挙げるが、権威あるノーベルの名はそのまま利用。悪名名高い爆弾一家として知られるこのノーベルファミリー、世界のどこかで戦火が生じるたび、莫大な富をもたらす戦争開始の原因を作った人物にこっそり献金進呈。
nobel.jpg
「尊敬されるには、尊敬に値するだけでは不充分」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 生涯独身 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。