2010年09月06日

マザー・テレサ(1875−1965)…インド(ユーゴスラビア生誕<現マケドニア共和国>)/カトリック修道女

<幸福のはかなさ>

●父の死:テレサの場合

テレサの父ニコラは、真摯なカトリック教徒であり、手広く建設請負業と食料品の輸入業を営む、成功した実業家だった。人望は厚く、市議会議員にも選ばたこともあり、町のブラス・バンドのメンバーでもあった。歌うことが好きで、政治について語り合う友達も多かったという。

家庭は裕福で、客足が絶えず、愛と幸せに満ちていた。テレサの母ドラナは夫が帰って来る時間になると、髪をとかし服を着替えて、注意深く夫を迎え、子どもたちはそれを楽しそうに眺めた。ドラナは悩み苦しんでいる人たちを訪ね、お金や食べ物を提供することも多かった。困っている人が訪ねてきたら、決して追いかえさず、家族の一員として迎え入れた。ニコラは妻がいつも貧しい人を助けられるように、お金を用意していた。

が、テレサが9歳のとき、父ニコラは45歳で急死した。

ニコラは情熱的なアルバニア愛国主義者で、民族運動に深く関わっていた。自宅から260キロ離れたベオグラードで大きな集会に参加するため、元気に家を出ていったが、帰宅したときには瀕死状態で、突然血を吐いた。近くの病院に運び入れたが、もはや手のうちようがなく、翌朝、こと切れた。医者も家族も、毒殺に違いないと考えた。確かなことはわからないが、対立した政治グループに飲まされた毒が死因、とする説もある。

一家のあったスコピエの町全体が喪に服し、地位のある人が亡くなったときの習慣で、各学校ではハンカチが配られたという。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

ニコラの死後、一家の資産は行動経営者に横領された。一家が所有していたはずの土地も、その権利を立証できる書類がまったく残されていないことがわかった。結局、家族には住む家しか残らなかった。

母ドラナはひどく落ち込み、抜け殻のように無気力になり、何ヶ月も長女に頼りきって、茫然自失の状態が続いた。家父長制の強いアルバニアでは妻が夫の言いなりになっている一家が多く、女性が活躍できる場も多くなかった。

が、もともと気丈なドラナは、いったん立ち直ると頼もしかった。刺繍と織物を始めると、テレサの兄ラザールが織物工場と話をつけ、仕事は繁盛していった。

といっても、一家はもはや裕福ではなかった。それでもドラナは、もっと貧しい人々を世話することをやめなかった。母親の姿勢から、女性が苦難に立たされても、そこから逃げないで努力すれば、状況は変えられるのだということ、恵まれない状況におかれても人を助けようとする姿勢を学んでいった。

父の死から、一家の信仰はより強くなり、母子揃って地元の聖心教会の行事や奉仕に熱を入れていった。教会に図書館が作られると、テレサはたちまち本のとりこになり、たくさんの書物を読みふけって、カトリックの考え方や知識を吸収する。

祈りの言葉には「天におられる私たちの父よ」とある。テレサは亡き父についてはほとんど語っていない。が、知らず知らず、神への祈りに、亡き父への思いを重ねていたのかもしれない。

-------------------------------------------------------------------

●もし父親が生きていたら

父の手腕を受け継ぎ、ビジネス界でみごとにのし上がってゆくテレサ。信仰心と財テクは矛盾しないはずだと考え、聖書の解説書、子ども向けの絵本版、朗読カセットテープなどを次々発売、どれも大当たり。
人好きのする性格のテレサには素敵なボーイフレンドもぞくぞくと出現。母とともにファッションブランドを立ち上げ「デートのときはこのコーディネート」「帰宅した夫を迎えるための部屋着」など、ライフスタイルを提案しながらアパレル業界でその名をとどろかせる。後年は父の建設会社、貿易会社のCEOに就任、父譲りの愛国心を社内方針にも反映させ、アルバニアグッズを世界100カ国以上に流通させる。大口の寄付で教会や学校も設立しつつ、アルバニアの大富豪一族の稼ぎ頭として世界にその名をとどろかせる。

Mother Teresa.jpg●プロフィール・参考文献


posted by 73 at 14:19| Comment(2) | TrackBack(1) | 父早死に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

福沢諭吉(1834-1901)…思想家、教育者

<門閥制度は親の敵>

●父早死に:諭吉の場合

諭吉の父は、学村豊かな教養人であったが、諭吉が3歳の時、45年の生涯を封建制度に縛られ何もできぬまま、空しく世を去った。身分の低い下級武士だった彼は、諭吉が生まれた時、息子を坊主にするつもりでいた。

父の死後、諭吉は母子6人で大阪から中津に帰郷し、貧しく惨めな生活を送った。中津では封建制度や士族の門閥制度が厳しく、子供たちの間でも貴賎や身分の違いによる差別がはっきりしていた。身分の低い下級武士の息子である諭吉は、遊んでいる最中にも上士族の子弟に見下された。学力にも腕力にも自信のあった諭吉は、こうした制度に余計に腹が立ってならなかった。

諭吉は成人した後、亡き父がなぜ自分を坊主にしようとしたのかを推察した。封建制度の世では、先祖代々、家老の家に生まれた者は家老、足軽の家に生まれた者は足軽と、何年経っても職業も身分も変わらない。当然、下級武士の息子は名を成すことはできない。ところが坊主だけは魚屋の息子が大僧正になったというような話もたくさんあり、封建制度の枠から外れている。父が自分を坊主にしようと考えたのはそのためだろう。そう思い至った。

一生を封建制度に束縛されて死んでいった父を、諭吉は不憫に思った。生まれたばかりの息子を坊主にしてでも名を上げさせたいとまで考えた父親の心中の苦しさや、彼の愛情の深さを思っては、封建制度を憤り、1人涙を流した。そして彼は、涙だけで終わらなかった。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

後に「門閥制度は親の敵で御座る」(『福翁自伝』)と記した彼は、生まれ持った個人の独立・自由・平等を基礎にした国民国家の形成と、独立と平等の関係で交わる国際社会を構想し、「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」で始まる『学問のすゝめ』シリーズを刊行する。

これは340万部と大反響を呼び、他のベストセラー『文明論之概略』『西洋事情』ともに彼の名を高めた。さらに、日本近代私学の原型となる英学の私塾・慶応義塾(のちの慶応義塾大学)を創設し、新聞による世論形成を願って『時事新報』を発行する。

やがて「国際社会を支配するのは力である」という権力政治観に移行した諭吉は、文明化の遅れた中国や朝鮮の同類と見なされぬよう、西洋文明を導入すべしという脱亜入欧思想を『時事新報』に「脱亜論」として論じた。日清戦争会戦時には軍事介入による朝鮮の文明化や、戦後には列強による中国分割へ日本が割り込むべきだいう考えを唱える。

確かに、天は人の上に人なんか作らない。人の上に人を作り、人の下に人を作るのは人間だ。人は生まれながらにして皆平等だという諭吉は、人の値打ちは学問のあるなしで決まる、と説いた。それまで、そんなものなくても幸せだったはずの日本人たちは、学歴を得るため必死になった。次には権力で国の上下が生まれることを説いた。説かれた日本人は矛盾を追及するのでなく、ひたすら上を目指した。

そして日本、今日に至る。

-------------------------------------------------------------------

●もし父親が生きていたら

語学に秀でた僧となった諭吉は、仏教先進国のインドや中国などアジア各国に渡り修行三昧。帰国後に著した『涅槃之概略』『東洋事情』の他、「天上天下、唯我独尊」で始まる『仏門のすゝめ』シリーズは大ベストセラーに。その後も明治維新で新政府が出した神仏分離令と神道国教化政策(神仏分離)に異を唱え、寺院、仏像、仏具などの破壊行動への抵抗運動に加わり、廃仏毀釈に反対する農民一揆を統率。禅と修行と経典による世論の形成を願って『般若心報』を発行し、悟りによって生死輪廻の苦から逃れられるという「解脱論」を説く。やがて「人や物に執着しても、それは変化し消滅するものなので、失望するだけである」という諸行無常観に至る。
yukichi.jpg
「進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(2) | 父早死に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

魯迅(1881-1936)…中国/思想家

<落ちぶれ騙され罵られ>

●父早死に:魯迅の場合

病気がちで酒とアヘンを好んだ父を、魯迅は愛した。その愛ゆえに、魯迅はしょうもないものに多大かつムダなエネルギーを注いでしまった。

もともと魯迅は裕福な官僚地主の家に生まれた。ところが魯迅が12歳のとき、いつまでも国家試験に合格しない魯迅の父にいらだった中央高官の祖父が、試験官に賄賂を贈ろうとした。これが明るみになり、祖父は投獄されてしまう。祖父の刑が軽減されるようにと土地を売った魯迅一家は、まっさかさまのどん底生活に突入した。

この翌年、結核の父は国家試験どころではなく、喀血して床に伏した。一見、家族の疫病神のような父だが、息子にとってはマイペースで魅力的な読書家だったようだ。魯迅は父の病を治すため、質屋と薬屋に4年間 あまり、毎日のように通った。

かかりつけの有名な漢方医は、父親を治す薬の材料に「つがいのままのコウロギ」「3年霜にあたったサトウキビ」「冬の葦の根」など、手に入りにくいものばかりを必要だという。魯迅はその言に従い、材料を必死に探した。もちろん、こんな処方に効果はなく、父の病気は重くなる一方。

ついに父が死を迎えたとき、魯迅は16歳だった。葬儀や借金のため、家族の土地も財産もほとんど残らなかった。

が、妙なものを探しまくらされ続けた魯迅の中には、怒りが残った。彼は「ちっきしょー、あの時自分が3年霜にあたったサトウキビを見つけていれば……」などと自分を責めるほど、愚かではなかった。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

魯迅は自分がアホだったことを自覚した。そして自分だけでなく、自分の住む国、中国のアホさ加減にも目が向くようになった。

後に彼は「今でも中国では私と私の父、そしてあの医者のように、無知のために騙し騙され苦しんでいる人がいる」と記した。父の死により、漢方医が病人を食い物にし、薬屋と結託して金儲けをしていたことを気づいたのである。

さらに、魯迅は没落がもとで生じる世間の冷たさを味わった。彼は父のない弱みにつけ込まれ、「乞食」呼ばわりされ、「家のものを盗んで売る少年」と噂を立てられた。「強いが勝ち」、とする社会に起こりがちな現象だ。

封建的倫理のもとに弱い者イジメや、いわれのない嘘がまかり通ることに怒りを募らせた魯迅は、世俗の価値観にそむき、当時のエリートコースである科挙→官僚への道を棄てる。そして試行錯誤を重ねつつ、英語→ドイツ語→西洋医学→文学を学び、中国に存在する「馬々虎々(マーマーフーフー)」(欺瞞・虚偽を含むいい加減で不真面目な態度)と戦い続けることになる。

現在も中国では、「魯迅精神」「阿 Q 精神」などの言葉に魯迅の精神が反映され、馬々虎々との戦いが行われている。魯迅は日本に留学した頃、中国人は低脳児だとバカにされてしまう現状を冷静に眺めていたが、このままいくと、日本のほうがいい加減で不真面目な国になったりして。

それはいいとしても、漢方薬とかは、ちょっと残しておいて欲しい気がする。

-------------------------------------------------------------------

●もし父親が生きていたら

交尾中のコオロギを探すのに時間をとられながらも科挙の受験勉強をし、合格を重ねエリート街道まっしぐら。結局祖父と同じく中央官僚に着任するが、里帰りするたび故郷の紹興酒と魚料理に舌鼓。酒好きの父親と酌み交わしゴキゲンになったはいいが、酒で苦しんだ自分の過去をすっかり昔話と見なした父とともに、親子でアルコール中毒の道へと突き進む。ここで魯迅は若き日のコオロギ探しで培った柔軟かつねばり強い体力でピンチを脱し、アル中患者の希望の書『強靭日記』を出版。父親は上質なアヘンで危機を切り抜け、息子に負けじと『アヘン正伝』を記す。

父親がもっとずっと早く死んでいたら、ぬくぬくと地主の地位に安住していたかも。
魯迅.jpg
「地上にはもともと道はない。 歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 父早死に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

チンギス・ハン(1167-1227)…モンゴル/モンゴル帝国創設者

<嫁探しの代償>

●父早死に:チンギス・ハンの場合

チンギス・ハンと聞いてモンゴルだの遊牧民だのを思い浮かべ、ほんわかのんびりさせられていると大きく間違う。1000年ほど昔は狩猟と戦争が似たようなものだと考えられており、彼が生きたのは叙情酌量もへったくれもない弱肉強食の無法世界だった。

9歳のテムジン(チンギス・ハンの幼名)は、父と一緒に嫁探しをし、見栄えのよい娘ボルテをみつけ、婚約した。

テムジンの父はモンゴルにおける次の部族長の有力候補者だった。彼はテムジンの相手を決めると、当時の慣習どおりに息子を婚約者のもとに残して去った。その帰り道、反目していたタタル族に毒殺された。

これが引き金となり、テムジンは父の部下に裏切られて捕らえられ、殺されそうになる。何とか逃げ切った後も、テムジン一家は餓死寸前の厳しい生活を強いられる。切り詰めた生活の中、兄弟仲が悪くなり、テムジンは母親違いの弟ベクテルを殺してしまった。これがもとでずいぶんと母親に怒られたりもしたらしい。

テムジンが「自分のために父は死んでしまったのだ」と考えてくよくよ悩むほどナイーブだったかはわからないが、父の死+捕虜生活+弟殺し+母の説教を立て続けに体験したら、どんな人間だって気が滅入るに違いない。この後さらに、メルキト部の攻撃を受け、妻ボルテを奪われてしまう。まだ新婚ホヤホヤの彼にはこれもショックだったろう。

まあ、今の日本だって戦争になれば「こんなのよくある話」で片付けられるだろうけど。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

落ちぶれまくったテムジンは、亡き父の七光りにしがみつくしか這い上がる手立てはなかった。

彼は父と親しかった者を訪ね、徐々に部族の勢力を取り戻す。仲間たちの助けによりメルキト部を倒し、妻ボルテも奪い返した。が、彼らの社会では残念ながらジェンダー教育が行われていなかった。戻ってきた妻はすぐに、テムジンの子でない男子を生んだ。

とはいえ、戦いに勝ったことで一目置かれるようになったテムジンは、部族会議で亡き父の朋友や近縁者たちから指導者に推され、チンギス・ハンの名を与えられる。

チンギスは光の精霊、ハンは王の意である。だからどうした、といわれればそれまでだが。

チンギス・ハンはこの名に満足しないで、ひたすら勢力拡大に努める。20年の後には、モンゴルの遊牧民諸部族を統一し、中国、アジア、東ヨーロッパの大半を大量殺戮と略奪を繰り返すことにより征服し、モンゴル帝国を築き上げることになる。

何も悪意を持っていないのに虐殺された側からすれば、チンギス・ハンは途方もない悪党だ。それでも、父を殺され最初の妻を奪われた若い日の彼を思えば、この残酷さもちょっとくらいは理解できそうな気もする。

征服した国の女性たちに対し、組織的に性交を強要していたといわれるチンギス・ハンは、2004年のDNA解析の結果、世界中で一番多く自分の子孫を残した人物とされる。父との絆には義理堅い彼、恋愛観はずいぶんドライな人間だったようである。

-------------------------------------------------------------------

●もし父親が生きていたら

父が部族長となり、そこそこの安泰生活。仲のよい一家を守るテムジンは、美しい妻とともに落ち着こうと、定住生活を始める。やがて、壁を彩色するペンキ職人となり、なぜかダンスに目覚め、屋内ダンス場を建築。毎週土曜の夜はお祭り騒ぎを繰り返し、見事なステップででオノン川流域のヒーローとなったテムジン、ダンサーの指導者に推され、チンギス・ハンの名を与えられる。西の国から流れてきた旅人たちを父に紹介され、彼らと一緒に自分の名をタイトルにした誰もが踊れるディスコミュージックを完成。この曲は屋内パーティーのみならず、捌いた羊を直火であぶって食べる際のバックミュージックとしても世界各地で大流行。

成吉思汗.jpg
「私が成功するだけでは十分ではない。皆が失敗しなければならない」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 父早死に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

アイザック・ニュートン(1642-1727)…イギリス/科学者

<玉の輿再婚大成功>

●父早死に:ニュートンの場合

親というのは、長く生きるほど子供のためになるわけではない。

ニュートンが生まれる3ヶ月前に、彼の父アイザックは死んだ。長い目でみれば、これは早産で生まれたニュートンにとって最初の幸運だった。

裕福ではなかった父は「金遣いが荒く体の弱い男」で「粗野で、無茶で、意気地なし」(ただしこれは後出する妻の再婚相手スミスの評)だったといわれる。その家系は彼を含めずっと文盲で、ニュートンの登場まで自分の名前を書ける者はいなかった。

夫と同じく学問と縁のない出自の母ハナは、階級社会イギリスの通例に従い、息子に親の後を継がせるつもりだった。つまり、ニュートンは当然、農民になるはずだったのだ。

ニュートンが3歳の時、母ハナ(当時30歳くらい)は裕福な司祭スミス(当時63歳、それまでずっと独身)と再婚する。これはニュートンの養育費を得る目的もあったようだ。父の死による遺産は、幼い息子と母の未来を保障できるほどのものではなかったのである。ニュートンは祖母のもとに預けられ、しばらくは母と離れて暮らした。

後の告白によれば、この頃ニュートンは還暦を過ぎた義父をひどく恨んでいたようだ。スミスに「お前の両親を殺し、家を焼いてしまうぞ」なんて脅してたらしい。とはいえ、義理の息子に多大な金銭的援助を与え、彼の母親を次々と身ごもらせた義父からしてみれば、未来の大科学者の恨み節も、ガキのたわごとくらいにしか聞こえなかったかも。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

ニュートンが14歳になると、義父スミスも亡くなった。これも長い目で見れば、ニュートンの人生にとって絶妙なタイミングでの死に方となった。

母ハナは彼との間にできた3人の異父弟妹を連れて長男の暮らす実家に戻った。そして、ニュートンに通っていた学校をやめさせ、無理やり農業をやらせる。

が、当の息子は農業そっちのけで義父の遺した自然科学系の本を中心に科学書を読みあさり、水車などの模型作りに熱中してばかり。やがて知識階級のスミス家側が「この子には農業より学問をさせるべきでは」とハナに説得し、ニュートンはケンブリッジ大学に進学する。これは義父スミス及びスミス家の存在なしにありえなかった選択である。以降、ニュートンは科学者としての道を邁進してゆく。

ニュートンは「自分は神から選ばれた人間である」と確信し、自分に絶対の自信を抱いていた。幼児死亡率が非常に高い時期に早産で生まれた彼が生き延びたのは奇跡的だったし、当時存在した「父の死とともに生まれる男子には比類のない能力が授けられる」という迷信に影響されたのかもしれない。ニュートンの神に対する異常な執着は、聖職者だった義父への反発心からともいわれるが、いずれにせよこの態度が彼に比類のない業績をもたらした。

結果からすれば、実父・義父の死期は、科学者ニュートンの人生を成功に導くうえで都合のよいものだった。あの世に行くにも肝心なのはステキなタイミング、である。

-------------------------------------------------------------------

●もし父親が生きていたら

寡黙な農民となったニュートン、文字もほとんど知らぬまま、病弱な父に代わって土に向き合い汗する毎日。鍬を持つ手を止め、額ににじむ汗を泥にまみれた手の甲でぬぐう。と、目の前のリンゴの木から、よく熟れた赤い実がひとつ、ポトリと落ちる。この光景を脳裏に焼き付けながら、彼は「甘いリンゴをたくさん作る法則」を考えるが、何も思いつけない。「俺の人生こんなことでいいのか」とひとり呟くが、握りなおした鍬が土を打つ音に、想いはかき消されてゆく。やがて夕闇があたりを包み、ふと空を見上げれば、そこにはぽっかり白く光る月がひとつ。「月はどうして収穫できないのだろう」などと考えながら、ニュートンは帰り支度を始める。

newton.jpg
「天体の運動はいくらでも計算できるが、人の心は計算できない」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 07:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 父早死に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。