2005年12月20日

ドストエフスキー(1821‐81)…ロシア/小説家

<幸福とはなにか>

●逮捕・有罪:ドストエフスキーの場合

27歳で死刑台に向かうドストエフスキーは、処女作『貧しき人々』の他には、大した作品もないまま世を終えるかに見えた。『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』といった名作は、まだ存在しなかった。

彼の主な罪状は、ロシア正教会を批判した手紙を集会で朗読したこと。ともに逮捕されたペトラシェフスキー会の仲間たちも同じ死刑判決を受けたが、誰もそれほどたいそうなことはしていなかった。一時的な興奮から「隆起するしかない!」と叫んだりはしても、基本的には空論を楽しむ、たわいのない集団だった。

だが、当時ロシアで活動していた社会主義サークルはこれだけで、「革命の機運を一掃する」と豪語するニコライ一世のもと、彼らが秘密警察の目に留まるのは当然のなりゆきだった。

白装束を着せられたドストエフスキーは、同時に逮捕された仲間たちが処刑用の柱に縛りつけられていくのを目前に、ブルブルと震えた。死刑執行人の銃は肩に乗せられ、銃口が仲間たちを狙い、「照準!」と号令……。

が、銃は発砲されなかった。この時、皇帝からの使者が「刑の執行を猶予せよ」という礼状を持って現れ、ドストエフスキーは「死刑」から「4年間の強制労働の後、兵役勤務」に減刑された。

実はこの進行すべて、皇帝の書いたシナリオ通りだった。白装束も使者登場のタイミングも減刑も、あらかじめ決まっていたのである。これにより一人が発狂したが、計画する側の悪ノリはちょっと楽しそうな気も。

-------------------------------------------------------------------

● 人生のポイント

その後、新約聖書以外の書物を読むことは許されない獄中、ドストエフスキーは神に目覚めた。後に「囚人が神なしで生きることは不可能だ」と作中人物に言わせた通りである。同時にロシアの民衆に触れ、苦難とともに生きる術を学んだ。

4年間の強制労働を終えると、彼は「あれ(与えられた刑)は僕の十字架であり、僕はそれを受けて当然だと思っています」「以前の僕なら思いもよらなかった欲望、希望、といったものが今では胸にこみ上げてきます」と、やけに肯定的な人生観を持つ前向きな人間になっていた。

その後、逮捕以来の使えるネタを活用し「死刑直前で減刑」は『白痴』に、シベリアでの強制労働は『死の家の記録』に描いて名声を確立する。晩年には、自らをロシア民衆の救世主的な役回りに仕立て上げる彼だが、この傾向も獄中体験から芽生えたようだ。

なお、数十年後のドストエフスキーが「あんな幸福だった日はこれまでになかったよ」と語ったのは、死刑を言い渡され減刑となった、あの日である。その時彼は「体がしびれるような喜び」を覚えたという。確かに最悪の状況を切り抜けられること以上の幸せって、そんなにはないかも。

そういえば、手首を切るのは「気持ちがいい」というリストカット常習者がいる。苦痛がなければ快楽というのは認識できないものなのかもしれない。同じように、不幸がなければ幸福なんてものは、あるのかどうかすらわからないものなのだろう。

-------------------------------------------------------------------

● もし有罪にならなければ

『貧しき人々』で彼をほめたたえた評者たちは、それ以降のいまいちぱっとしない彼の作品群と、うぬぼれが強く、嫉妬深く、喧嘩好きで、邪知深く、卑屈で、利己的で、高慢で、信頼ができず、思いやりがなく、偏屈で狭量かつ博打好きなこの男の性格を知るうち、「どうも自分の目に狂いがあったのでは」と考え直す。医者の息子で地主だということが知れわたると、ドストエフスキーを敬愛していた民衆たちからも「こいつなんだかんだいって単なる偽善者じゃねえか」と見なされ、総スカンをくらうようになる。結局、父が農民に殺された体験と持病のてんかん発作をネタにした小説を得意とする、ロシアだけでちょっと有名な一文士として生涯を終える。
dostoevskii.jpg


posted by 73 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 逮捕・有罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

田中正造(1841-1913)…日本/足尾銅山鉱毒反対運動の指導者

<天は助けず>

●逮捕・有罪:田中の場合

直訴までして足尾銅山鉱毒事件と闘ったことで知られる田中正造は、逮捕と入獄を度々経験している。28歳で入獄11か月、31歳 で2年9 か月、44歳で3か月、62歳で41日間。

最初の入獄は役人や領主の不正を指摘したのが原因だ。田中が明治維新を迎えたのはこの収監中だが、江戸が明治になっても、政府に楯突く人間には、不当な逮捕が繰り返された。2度目の逮捕は圧政に反対したためで、その次 は上役暗殺を疑われて投獄(後に冤罪確定) 。最後の投獄は川俣事件(足 尾銅山被害者の大挙上京請願運動が大弾圧を受けた事件)の裁判中、誠意のない検事に抗議を示すアクビが官吏侮辱罪となったためだ。

3度目の獄中で、田中はスマイルズの世界的ベストセラー『西国立志編』( 『自助論』)を読む。「天は自ら助くるものを助く」で知られるこの書は「勤勉、忍耐、節約などの美徳で人生を切り拓くことができる」という自己啓発書。要するに「マジメに頑張ってりゃ成果がありますよ」というもの。

スマイルズの思想に影響された田中は、彼の書にあるとおり、普遍的な人間道徳に基盤をおいた。そして彼は、法のための法でなく、人類の良心を憲法だと考え、そこに政治規範を求めた。

ただし、『西国立志編』の評価は下がっている。このテの本がありがちになったうえ、「マジメに頑張っても成果があるとは限らない」ことが判明してきたからだろう。残念ながら、田中はその好例となった。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

大アクビで捕らえられた最後の入獄時、田中は差し入れの聖書を読んだ。「聖書を読むよりはまず聖書を実践せよ」と日記に記し、一時は改宗をも考えるほどキリスト教への信仰心を強めた。獄中というのは感化されやすい空間なのかもしれないし、人道を身につけるには世間より適切な場所なのかもしれない。

ただし、田中は単なる「神頼み」としてのみでなく、信仰心が味方になると考えてもいたようだ。鉱毒調査を行った内村鑑三らをはじめとして、支援者にはキリシタンが多く、田中が彼らと交わる機会は頻繁だった。毎号のように谷中村問題を取り上げるキリスト教系の雑誌もあった。

が、足尾銅山鉱毒反対運動は、無残な失敗に終わった。

議員を辞し、命賭けで行った田中の直訴に世論は沸いた。支援活動も活発化したが、間もなく世間の関心は日露戦争に持っていかれた。住居の強制破壊までやって立ち退きを促す政府に対し、田中は残留民とともに谷中村に小屋を建て、汚染地帯に住み込むが、それまでの味方は次々と田中を裏切った。

絶命した田中の枕元に遺されたのは、綴じ合わせられた帝国憲法と聖書だった。憲法と聖書だなんて水と油みたいだけど、晩年の彼にとっては、いずれも戦いの武器であり、道徳的精神のよりどころだった。死の半年前、彼は残留民たちに「神は谷中にあり」と手紙を書き送ったが、田中の死後、残留民は毒浸しの故郷を逃れる他、何ひとつ手がなかった。神は毒死した。

-------------------------------------------------------------------

●もし逮捕されなかったら

幸徳秋水や『毎日新聞』主筆に直訴を提案された田中、「エーッ、だって江戸時代そのやり方やった人って家族ごと処刑されたんでしょ? 名主生まれの俺が警察沙汰になんかなっちゃったらみっともなーい」と思いつつ、おそるおそる直訴煽動ビラを作成。狙い通りとまでは行かなくとも足尾銅山反対運動は激化し、鉱毒被害者たちは大勢逮捕され強行に家宅捜索される。と、自分たちは「野心家の田中正造が手を汚さないで名声を得るための道具にされた」の流言に引きずられ、被害者たちの間で内ゲバの嵐、鉱毒反対の運動団体は雲散霧消。尊敬し続けた大隈重信に「鉱業は停止すべきでない」と諭され、田中も「彼がいうんならそうかもな」なんて考え始める。
tanaka.jpg
posted by 73 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 逮捕・有罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

マルコムX(1925-65)…アメリカ/黒人解放運動指導者

<檻は塾より効果的?>

●逮捕・有罪:マルコムXの場合

幼い頃から環境に恵まれなかったマルコムは、20歳で刑務所行きとなった。

マルコムが3歳の時、自宅をKKK(クー・クラックス・クラン=「アメリカ出生主義」及び「白人およびプロテスタント優越主義」のテロリスト集団)による放火で燃やされた。5歳になると、国際黒人地位改善協会の熱心な活動家かつ牧師であった父が、おそらくは白人の手により暗殺。やがてマルコムの家族は生活保護を受けるようになり、母は精神を病んで精神病院に入院する。

マルコムは福祉担当者の措置により近所の黒人の家から通学することになったが、万引きを繰り返すなどして13歳で退学処分を受け、少年鑑別所から彼以外全員白人の中学校(!)へ通うことになる。ここでは成績優秀な校内の人気者となり、彼は弁護士となることを志望するが、教師から「黒人であるという現実を忘れてはいけない」と大工になることを勧められ、以来、白人を避けるようになる。

15歳になるとマルコムはボストンで靴磨きの仕事をしたが、16歳でニューヨークに移る。徐々にギャンブル、麻薬取り引き、売春、ゆすりなどに手を染め、ギャング団の一員となり、ついにはハスラーとしてひとり立ちする。17歳では徴兵を逃れるため、精神異常者のフリをして、狙い通りに兵役不適格となる。ここまでだと15、16、17とマルコムの人生暗かった。で済むが、20歳の時に強盗で逮捕、10年の実刑判決を受ける。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

壮絶! とはいえ、これではまだ「ありがちなラッパーの半生」の域を出ない。話はここからだ。

中卒のマルコムは、刑務所内で英語とラテン語の通信教育を受け、めきめきと語学力をつけてゆく。入所して2年後には親戚の助力を得、実験的な犯罪者更正刑務所に移り、辞書を書き写し、音読し、復習してボキャブラリーを増やした。さらに、毎晩3〜4時間しか眠らないで、あらゆる分野の本を読みまくった。受験生でもここまでしないだろう。白人がいかに世界中の有色人種を搾取してきたかを彼が初めて知ったのも、刑務所内の本からだった。

やがてマルコムは、家族からの手紙がきっかけで白人を悪魔とみなすNOI(=ネイション・オブ・イスラム。アフリカ系アメリカ人によるイスラム教の最大派閥)の教義に傾倒し、この宗教団体の指導者ムハマドに毎日のように手紙を出すようになる。27歳で仮釈放となって出所し、すぐNOIに所属。間もなく初めての説教をすると、刑務所内で学んだ知識に基づくその雄弁さに、誰もが驚いた。日本の刑務所も更正施設を充実させれば、彼のような優秀な人材が続々登場する、かも。

次々活躍を続けたマルコムだが、ムハマドが個人秘書を女にだらしないこと、自分への暗殺計画が進められていたことなどに幻滅。NOIを去り、別の団体や組織を設立し、黒人解放運動指導者として、新しい展望によって黒人の完全な独立、自由・平等・正義などを実現しようとした矢先、39歳で暗殺された。

-------------------------------------------------------------------

●もし無罪になっていたら

賭博、売春、恐喝、ヘロインの密売と高利貸、強盗などを主な財源として一大帝国を築き上げ「黒いアル・カポネ」と呼ばれる暗黒界の若きドンになる。浮浪者、失業者、売春婦、麻薬中毒患者、全科者など社会の底辺で喘ぐ弱者を情報収集に利用する代わりに、援助の手を差し伸べる。やがて、誰かがマルコムを常に尾行するようになり、脅迫状や脅迫電話が日常茶飯事となる。65年1月、マルコムは自宅の前で襲撃を受け、翌月には家に火災瓶を投げ込まれる。同じ年の2月20日、3人の男がマルコムに駆け寄り、銃を乱射。すぐさま病院に担ぎ込まれたが、39歳の短い人生を終えた……って、途中から全然「もし」じゃなかったりして。
malcolm.jpg

「信念を持たない人間は、すべてのことに流される」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 逮捕・有罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。