2005年09月20日

アンリ・トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)…フランス/画家、版画家

<成長の中止による成長>

●身体障害:トゥールーズ=ロートレックの場合

伝記映画『ムーラン・ルージュ』でも知られる(トゥールーズ=:以下略)ロートレックは、15歳のときから下半身の成長が止まってしまった。

1878年5月、13歳のロートレックは椅子から立ち上がろうとして転んだ。それだけのことで、左足の大腿骨を折ってしまった。

骨折が治るのはずいぶん遅かった。最初の事故から15ヵ月後にようやく、母親が付き添えば散歩できる、というところまで彼は回復した。そんなある日のこと、散歩を楽しんでいた彼は足を滑らせ、道端の溝に落ちてしまう。そして、今度は右足の大腿骨の上部を折った。

このときから、彼の両足の成長は止まった。

フランスでも有数の貴族の家に生まれた彼は、当時としては最高の治療を試すことができたが、どんな医者も彼の足を治せなかった。時を経るにつれ、上半身だけが普通の大人へと成長してゆき、そのアンバランスさは奇形的に際立った。大人になった彼は、グロテスクな小人となった。

それにしても、ロートレックはずいぶん些細なことで骨折している。成長が止まる、というのも普通では考えられない。彼の骨はもともと脆弱だったのだろう。

骨が弱くなった理由は近親結婚、つまり、彼の両親が名家のいとこ同士であることがもともとの原因だといわれている。このため、彼の骨は遺伝的な障害(多発性骨端骨化障害)を抱えていたようだ。骨折や成長が止まったのがその結果だとすれば、上流階級にありがちな落とし穴にはまっただけで、転落などは表面的な原因に過ぎないことになる。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

「もし自分が人並みの体だったら絵を描く代わりに狩猟でもしただろう」。後年友人に語ったとおり、ロートレックが画家となったのには、事故及び、それによる肉体的な障害が大きく関与している。

はじめの事故で思うように動けなくなった彼は、もともとデッサンが得意だったこともあり、リハビリ期間中、父と親しい狩猟画家のアトリエで絵を描いて過ごした。

2度目の骨折の後、彼はますます芸術活動にのめりこんでいった。成人しても子供ほどの身長しかなかったが、異様な外見をした彼を、アートの世界はのけ者にしなかった。

ロートレックが好んで描き続けたのは、社会の隅におかれた女給・踊り子・娼婦たちだった。彼は画材道具を片手に、退廃的なキャバレーやカフェ、売春宿に日夜入り浸った。足は短かいが、なぜか彼の陰茎は普通の人間と比べても異常に発達していた。性的能力の並外れた自分を、「大きな注ぎ口のついたコーヒーポット」と形容した彼は、キャバレー及びその周辺で生きる女たちと頻繁に肉体的交渉をもった。

彼がもっとも真剣に愛した女性は、ヴァラドンというモデルだった。彼女はもともと軽業師をしていたが、ステージからの落下による怪我で職を失っており、似通った経験が2人を結び付けていたのかもしれない。一生妻帯しなかったロートレックだが、ヴァラドンとは3年間交際した。

その後、ロートレックを蝕んだのは、梅毒とアルコールだった。晩年に彼は精神病院で入院生活を送る。このあたりは1890年代の作品で類似を指摘されるムンクの人生に通じるところがあるが、彼はムンクのように健全な生活を持ち直すことはできなかった。性的に奔放なだけでなく、大食漢で大酒飲みだったロートレックは36年の短い生涯を、身体的異常とは直接関係ない理由で終えた。

-------------------------------------------------------------------

● もし身体障害がなかったら

伯爵の称号をもつ父が趣味の狩猟をするのを憧れの目で眺めていたロートレック、成人すると、すばやい動きや表情の変化をとらえる才能を生かし、ハンティングを楽しむ。ほぼ百発百中の腕前で知られるようになった彼は、得意の絵は単なる趣味とし、日々遊び暮らす。こうして最初のうちは、あくまで上流社会に生き、いかがわしいと思われる場所には出入りしないよう気をつけるが、日本趣味が昂じて葛飾北斎や喜多川歌麿の署名入りの浮世絵、墨と筆などを取り寄せ始めたのをきっかけに、趣味におぼれるようになる。手持ちのものだけで飽きたらなくなった彼は、余るほどに豊富な金にものを言わせ、芸者や日本酒も産地から次々直送。ついにモンマルトルに「吉原キャバレー」を建立する。やがて芸者とアルコールから離れられなったロートレック、結局、徐々に身上をつぶしてゆく。
lautrec.jpg


posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 身体障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ルードヴィッヒ・ベートーヴェン(1770-1827)…ドイツ/作曲家

<遺書を書く>

●身体障害:ベートーヴェンの場合

ベートーヴェンが難聴に気づいたのは27歳頃。悪化してゆくばかりの症状は音楽家として致命的だと自覚していた彼は、聴力の衰えに気づかれないよう交際を避け、偏屈で人間嫌いな気難しい人間になってゆく。

1802年の秋には自殺を決意し、2人の弟に宛て、その意を書き記す。これは書かれた場所にちなんで「ハイリゲンシュタットの遺書」と呼ばれる。6年間無能な医者に容態を悪化させられてきたこと、回復するだろうという期待を抱いては欺かれ続けたこと、「もっと大きい声で話してください! 私はつんぼですから!」と自分の弱点をさらけ出すことがどうしてもできなかったこと、人の集まりに近づくと自分の症状を気づかれるのではないかという恐ろしい不安を感じていたことなどがここに記されている。

1815年の秋からは、ベートーヴェンはまったく耳が聞こえなくなった。

1822年に歌劇『フィデリオ』の指揮を彼が務めようとしたが、指揮棒が示すめちゃくちゃなテンポで大混乱に陥った。友人の「演奏を続けないで下さい。訳は家へ帰ってから」という走り書きを見ると、ベートーヴェンはまっすぐに駆けて自宅へ帰っていった。

晩年には木製の棒を口にくわえ、その一端をピアノの上に乗せて音を聞いていたとも言われる。エジソンが音を感じた方法によく似ている。ベートーヴェンやエジソンでなくとも、誰もが老いれば耳は遠くなる。どうやら歯は大事にしといたほうがよさそうだ。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

「ハイリゲンシュタットの遺書」には、彼が生きる希望を見出す過程が綴られている。

「自ら自分の命を絶つまでにはほんの少しのところであった。私を引き留めたものはただ『芸術』だけである。自分が使命を自覚している仕事をし遂げないでこの世を見捨ててはならないように想われたのだ」(中略)「不幸な人間は、自分と同じひとりの不幸な者が自然のあらゆる障害にもかかわらず、価値ある芸術家と人間との列に伍しめられるがために、全力を尽くしたことを知って、そこに慰めを見出すがよい!」

結局、生前は誰の目にも触れなかったこの文を信用するなら、1796年から耳の病気が始まったことになる。それ以前の彼の作品は3つのみで、これを記した後、傑作を立て続けに作曲している。「英雄」*1、「運命」*2、歌劇『フィデリオ』などは、「悩みを突き抜けて歓喜に到れ」という、彼の残した金言を表すかのような苦悩と歓喜を感じさせる。また、「皇帝」*3「田園」*4「悲壮」*5などの名作も聴覚なしに作られたものだ。

1824年「第9」*6初演時、ベートーヴェンは演奏後の歓声と大喝采の拍手に気づかなかった。客席を向いてステージに立たされた彼の目の前には、気違いじみた熱狂が生じており、感激のあまり泣き出す観客もいた。アンコールは5度目に警察官によって制止。

演奏会の後ベートーヴェンは、「感動のあまり気絶」した。マンガの中だけでしか起こらないと思われているような珍しいことをする人である。

-------------------------------------------------------------------

●もし身体障害がなかったら

自らの悪筆により「テレーゼ」が「エリーゼ」と読まれていることに気づいたベート−ヴェン、作品名を「テレーゼのために」と修正。「死ぬ術を悟らぬ人間は気の毒だ。私は15歳ですでにそれを悟っていた」という憂鬱症の彼は、度重なる失恋など比較的瑣末な苦悩に打ちひしがれ、何度も遺書を記す。すべての曲にちょっとずつ深みが欠け、現在「ジャジャジャジャーン」で知られる「運命」*2は、「ピャピャピャピャ〜ン」の軽さに。死後、「ウィーンの遺書」「ボンの遺書」「ボヘミアの遺書」など、彼が各所で記した遺書が次々発見され、出版社は書籍『遺書で味わうベートーヴェン』を刊行。旅行代理店による「ベートーヴェン遺書ツアー」なども話題に。
beethoven.jpg

「真に称賛すべき人間の特長は、逆境に直面した時、強い信念のもと、自分の生き方を貫けることだ」
注 ■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

トーマス・エジソン(1834-1901)…アメリカ/発明家

<無形の宝物>

●身体障害:エジソンの場合

発明王エジソンは、ひどい難聴だった。

自分の耳が聞こえなくなったのは、幼い頃に鉄道で一緒に働いた車掌のせいだ、と彼自身は語った。電車の販売員だったエジソンが、列車内に作った実験室で火事を起こしたとき、怒った車掌が耳のあたりを殴って鼓膜が破れたという説や、新聞を抱えて電車に飛び乗ろうとしたエジソンの体を、車掌が耳をつかんで持ち上げた時に「頭の中でプツンと何かが切れる音がした」話などは、彼の難聴の原因として知られているものだ。

真相は、幼年時代のしょう紅熱の後遺症で中耳が冒され、これらの事故でさらに悪化したようだ。13歳になってからは、小鳥のさえずる声を聞いたことがなかった。彼は聴覚の喪失を、学校に行かなかったことと共に「無形の宝物」と呼んだ。一見強がりにも聞こえる難聴についての彼の発言は、以下。

音に惑わされることなく考える事ができるし、いつでも静かな環境で眠ることができる。俗人と交わることもなく、退屈極まりない社会的な関りに背を向ける口実ができたし、いたって生産的な思考ができるようになった。仕事の上では口約束や耳約束ができないため必ず書面で契約することにしたため、不必要な問題からしばしば解放された。婚約者を口説くときには普通より相手のそばに近づくことができた。結婚してからは嫌なことを聞かなくても済んだ。聴力の異常を感じ始めた頃は読書に没頭した。今では雑音が耳に入らないことを幸運だと思っている。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

「もし私があなたのように偉大な発明家であったら、世界中の聾者がみんな聞こえるようになる機械を発明するのですが」対面した折、こう語ったヘレン・ケラーに対し、エジソンは答えた。「あなたはそんなことを考えておられるのですか? 私ならそんなことをしたってヒマつぶしにしかならないと思います。人間というものは、聞いても聞かなくてもいいようなことばかりしゃべっているものですからね」

実際、依頼がありながら、エジソンは補聴器を作ろうとは考えもしなかった。また、自分が生んだ蓄音機にも冷淡だった。「『必要は発明の母』というが、必要もないのに発明されてしまったものだ」といい、商品化するまでに10年近く放置した。

耳を頼れなかったエジソンは、金属板を歯で噛み、振動を顎の骨に響かせるという方法で音響テストを行った。ピアノを噛んで音を聞いていた証拠に、愛用していた彼のピアノには、側面に彼の歯型が残っている。第一発明者であるベルの電話を出し抜いて、エジソンの製品が世に認められたのは、この厄介な方法で改良を加えた電話のほうが、はるかに音声を聞き取りやすかっためだといわれる。

「麻薬中毒と同じで、雑音中毒になっている人があまりに多いのではないだろうか」と語ったエジソン。聞くべきものも聞き取れなくなりそうなほどに音が溢れる現在、彼の言葉はずいぶん説得力を増している。

-------------------------------------------------------------------

●もし身体障害がなかったら

補聴器、玄関チャイム、防犯ブザー、拡声器、着メロ機能つき電話、トイレの水洗擬音装置など、実用性のある音を利用した製品を次々発明。ウォークマンの製造に先立つこと100年、携帯用小型ステレオ再生装置を製品化し、音声を聞けるだけでなく、知らない人に話し掛けられにくくなる道具として大反響。録音機能つき小型スピーカーも完成させ、「潮時の恋人とうまく別れるいびき音」「恨みを持つ相手に恥をかかせる放屁音」「食事中聞けば食べすぎを防げる吐瀉音」などがいつでもどこでも録再可能に。晩年には防音・消音グッズを次々に発明、20世紀末に日本で始まったカラオケ市場拡大に伴い需要爆発。
edison.jpg

「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 身体障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

ヘレン・ケラー(1880-1968)…アメリカ/福祉事業家、作家

<奇跡の人から寄席の人へ>

●身体障害:ヘレンの場合

人は「障害者」や「有名大学」をなにか色眼鏡で見ているものである。この色眼鏡がなければ、ヘレン・ケラーという人は著名な偉人にはならなかったろう。

アン・サリバンの献身的指導によって言葉を覚えたヘレンは12歳で童話『霜の王様』を雑誌に発表し、注目を集めた。が、これは原作の童話をどこかで読んでもらったことをすっかり忘れたヘレンが、自分の創作と思いこんでしまったことから生まれた作品だ。そっくりな物語が存在したため、ヘレンとサリバンは盗作の疑いをかけられる。

これにより、世間の半分はサリバンがヘレンの天才のおかげで名をあげたと考え、残りの半分はサリバンが天才でヘレンは猿回しだと決め込んだ。世間とはそういうものである。

16歳になったヘレンは、「ペテン師」「操り人形」といった周囲からの非難を見返すため、大学入学を志して必死で勉強。努力は報われ、ラドクリフ・カレッジ(ハーバード大学の女子部)に合格・入学すると、在学中の22歳で自伝『わたしの人生』が出版され大ベストセラーに(ちなみに日本でも、同じように有名大学在学中の身体障害者が書いた伝記が98年に大ベストセラーになっている)。

世間のヘレンを見る目はガラリと変わった。ただし、受験勉強の手助けに無理を強いたため、もともとあまりよくなかったサリバンの視力はひどく悪化した。後にヘレンは「私の大学生活の大部分は退屈だった」と語ったが、世間を納得させる手段に「大卒」は今も有効だ。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

いくら讃えられても、結局ヘレンは「障害者」という括りでしか認識されていなかった。このことが判明するのは、彼女が社会運動に身を投じてからのことだ。

30歳を過ぎる頃から、ヘレンは婦人参政権の獲得、反戦運動、産児制限、NAACP(全国黒人地位向上協会)への支持を表明するが、これがもとで、発言の場は狭められてゆく。周囲もマスコミも、急進的活動をする彼女を「意見を述べる権利があるのか」と批判するか、無視するかのどちらかだったのだ。これは「障害者は健常者のことに口を出すな」という根強い差別・偏見があったためだ。

窮地に追いやられたヘレンを受け入れたのは、見世物の世界だった。激減した収入を補うため、彼女はストーリーもへったくれもない三流映画に出演し、盲人協会への寄付を募ろうと、サーカスとともに巡業する。熊やアザラシと同じ寄席のステージに立つこともしばしばだった。「なぜ寄席に出ることにしたのです?」と尋ねる記者に、ヘレンは臆することなく答えた。「お金を稼ぐためですわ」

定番となった演劇『奇跡の人』がある以上、神話的人物として、ヘレン・ケラーは語り継がれてゆくだろう。だが、彼女の発したメッセージや社会活動が着目されず、「三重苦を乗り越えた大卒ベストセラー女性作家」としてしかヘレンを捉えない現状が続けば、ヘレンの存在意義は薄れていくだろう。健常者以上の活躍をする障害者は続々登場しているのだから。

-------------------------------------------------------------------

●もし身体障害がなかったら

アメリカ南部の大地主の家に生まれて、黒人のお手伝いさんと家庭教師つきで育った白人お嬢様ヘレン。優れた容姿を生かして舞台女優を目指すが、ステージで知り合った喜劇俳優と結婚し、ブルジョア専業主婦に転身。近所のお友達を集めてはホームパーティーを繰り返す。「今日はそよ風に吹かれながら木陰でサンドイッチを広げましょう。ねえ、ごらんになって! まぶしい陽の光が木の葉の隙間からキラキラ輝いて見えるわ……なんて素晴らしいんでしょう!」「しーっ、耳を澄ましてみてちょうだい。あの小川のそばで小鳥たちが軽やかな声でさえずっているわ」日々、こんな感じ。ギョロ目の夫はお笑いから政治家に転身し、国会議員を務める。
helen.jpg
「障害は不便である。しかし、不幸ではない」
■プロフィール・参考文献
posted by 73 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 身体障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。