2005年10月11日

アンデルセン(1805‐75)…デンマーク/童話作家

<童話のメリット>

●家族の病:アンデルセンの場合

頭がおかしくなった本人は、自分が精神を病んでいることを気づかずにいられる。

が、頭のおかしくなった者と血を分けた家族は、その者の世話をせねばならない。そのうえ、自分が正常かそうでないかを疑いがちになり、仮に正常だという自信をもてたとしても、いつかおかしくなってしまうのではないかという不安を抱え続けることになる。

アンデルセンの祖父は、精神を病んでいた。彼は奇妙な人形や玩具を作っては、乞食のような格好でそれを持って回り、近所の子供たちから気味悪がられ、バカにされた。幼いアンデルセンは学校の上級生に「この子は、おじいさんと同じに、気が変なんだわ」といわれたことがきっかけで、友人たちから離れた。

祖母は「私は貴族の血を引いている」と語った。彼女にひどくかわいがられたアンデルセンは、この話を間に受け、自伝にもその通りに記した。が、彼女は病的な虚言癖の持ち主で、そんな事実はまったくなかった。

アンデルセンの父親は靴職人だったが、職人階級にしてはかなりの読書家で、教養人だった。息子にもたくさんの物語を読み聞かせた。が、ナポレオンを崇拝して軍隊に志願し、敗北後帰国すると、精神錯乱に陥り、2年ほどで死んでしまった。無教養で信心深い母は、息子が成人する頃アルコール中毒になり、数年後には慈善病院で生涯を終えた。

アンデルセンは、彼らと同じように自分は狂死するのではないかという其怖を絶えず感じ続けた。この環境なら、そう感じるのが普通だろう。

-------------------------------------------------------------------

●人生のポイント

アンデルセンは童話によってキチガイだらけの家族を消化するという、離れ技をやってのけた。

貧しく不遇な家族に生まれ、詩人として大成した自分を、アヒルの巣に生みおとされた美しい白鳥に例えたのが『みにくいアヒルの子』だ。家族の中でひとり幸せをつかんだ自分を「こんな家族に生まれたからといって不幸な運命を背負った人間ではないのだ」と、自己肯定しているかのようだ。

息子以上に貧しかった母親の悲劇的な人生も、彼は同情と美に転化した。童話に消化した。『マッチ売りの少女』は、貧しい少女が、美しい炎に浮かび上がった亡き祖母の腕に抱かれ、神に召され死んでゆくという、救いようのない結末だ。これは幼い頃に乞食をやらされ、橋の下で泣いていた母の実話をもとにしたものだ。

事実ほど救いようのないものはない。文盲の母は、結婚前に騙されて行商人の子を産んでいた。2度目の夫に死なれた後も、彼女は冷たい水の中で1日洗濯をして生計を立てた。リューマチの痛みと孤独、そして水の冷たさを紛らわせるため酒に溺れ、彼女は正常な意識を失っていった。

童話『あの女はろくでなし』は、貧しい洗濯女が上流階級の金持ちから、酒飲みのろくでなし、と罵られる話だ。この題材をアンデルセンは「母の友達」から、としている。が、自分の母を書いているようにしか見えない。

事実を認めたら精神の安定を保てないときは、こんなやり方もあり得る、かも。

-------------------------------------------------------------------

● もし健全な家族だったら

やたらと器用なアンデルセン、親の後を継ぐ靴屋の見習仕事のみならず、特技の切り絵や花束を作り、歌を歌っては友達を増やし、近所の人気者に。貧しいながらも幸せな一家を誇りにし、池を泳ぐアヒルの家族を見れば、自分の家族のようだとニコニコ満足。アヒルの尾の巻毛を花嫁の靴の中に入れておくと亭主関白になれるという伝説を信用し、巻き毛を大量に集めた後、健全な子孫が生まれるであろう自信を持って思いを寄せた相手にアプローチ。が、失恋し、その後は中途半端な創・性を発揮して『金魚姫』『ステテコ姿の王様』『憎いアヒルの子』などの童話を創作、二流作家として村のちょっとした有名人に。
andersen.jpg


posted by 73 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 家族の病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。