2005年06月01日

●不幸にどう対処する?

自分は不幸だ、と感じたらどうするか? 

もちろん「不幸の原因となる問題を解決する。」というのは正しい。だが、たいていの場合、不幸というのは解決が難しいから不幸なのである。ひとまずは、こんなふうになりがちだ。

・自殺する。
・運を信じる。
・自分を責める。
・神仏にすがりつく。
・誰かの同情を求める。
・自分の不幸ぶりに浸る。
・自分以外の何かを責める。
・不幸ではないフリをしてみる。
・同じ不幸から抜け出した人間に倣う。
・同じ不幸に陥りそうな人に警告を促す。
・自分より幸福な人間を羨んで嫉妬に狂う。
・自分を不幸にした人間にこっそり復讐を誓う。
・やり場のない気持ちを抱えながら鬱々と日々を送る。
・同じ不幸から抜け出した人間をひがみ、その足を引っ張る。
・これ以上の不幸を恐れてやりたいことや欲しいものをあきらめる。
・目の前の不幸からとりあえず気持ちをまぎらわせるため、何かに没頭する。
・より不幸な人を眺め、自分の不幸がそれほどではないことに胸をなでおろす。
・自分と同じような不幸を抱えた人がズルズルと陥ちてゆくのを眺め恐怖に震える。
・自分はこんな目に遭ってるんだからこのくらいやって当然だと考え、一般的には許されない言動をする。

……とはいえ、時と場合で不幸にどう対処すべきかは異なる。不幸な目に遭うたびに、いちいちその方法を発明するより、すでに不幸を生きた人に学ぶのが早い。

このサイトでは、不幸に遭遇した偉人を取り上げる。すでに偉人、というレッテルが貼られている彼ら彼女らを分析し、強引ながらも不幸のレッテルを貼ってみる。偉人たちの対処法が正解というわけでは決してないが、不幸はときにその業績に劣らず、生きてゆくうえでの参考になるはずである。
●なぜ偉人か ●死人の理由 ●不幸を知る必要性


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。